あなたの「かわいい目」が相手の興味を惹きつける♪女子力アップの秘訣とは。

二重まぶたを時短で作る
LINEで送る
Pocket

見た目の第一印象「目」がとっても重要

「人と話すときには、相手の目を見て話しましょう。」

子供のころ、親や学校の先生に何度も言われたセリフですよね。

そう、人は目と目で見つめあうことでコミュニケーションをとる生き物なんです。
だから、その人がどんな目をしているかで、第一印象のイメージもだいぶ変わります。

もちろん、見た目より中身が大事!

とはわかっているけど、第一印象は最初の2秒で決まるとも言います。

やっぱり、最初から「可愛い女性」と思われたいですよね。

そのために大切なのが目!

でも、一重まぶたで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

今回は、二重になって、魅力的な目、素敵な顔で理想の第一印象を手に入れるための情報をお届けします。

 

男性が気にする・・・「かわいい!」と思う目とは?

まず、基準を知っておかなければいけませんね。
自分が満足できるだけなら、なにも気にしなくていいですが、印象はあなたが感じるものではなく、相手が感じるものです。

男性が気になる「かわいい」と思われる魅力的な目が、どんな目なのかを知っておきましょう!

 

人それぞれ好みはありますが、今も昔も一番人気なのはパッチリとした丸い目。

芸能人でいうと、元AKB48の大島優子さんや、モデルの佐々木希さんのような目が理想的なようです。

それと同時に「手のくわえられていないピュアな感じ」も求めているので、濃いメイクで不自然に目元が強調されすぎていたり、バサバサのつけまつ毛で、明らかにすっぴんとはかけ離れているような目には魅力を持ってくれません。

あくまでも、自然で、生まれつきのようなピュアな感じを残しておきましょう。

ビマ
男性って、意外とワガママよね(笑)

 

かわいいパッチリとした目に憧れるけど・・・

二重まぶたの憧れ

一重だし、重たいまぶただからって、諦めてませんか?
二重まぶたの整形にはとても踏み切れないし、毎回のクセ付けも時間がかかって面倒くさい。

パッチとした目に憧れているけど、半ば諦めてしまっているあなた・・・

じつは、欧米などでは、ミステリアスでクールだと大人気の「一重まぶた」なんですよ。
日本をはじめ、アジアの国々にはスッとした切れ長の一重の女性はたくさんいます。

日本人では、約7割の人が一重まぶたか、奥二重というデータも。
確かに、一重まぶたにも、二重まぶたにはない良さがあって、かっこいいと思うのですが、二重まぶたの目がもつ可愛さには、ちょっとかないませんよね。

それに、一重まぶたにもそれなりの悩みがあります。

 

 一重まぶたの3大悩み

1. 怖い顔に見えてしまう。

まぶたが重く目にかぶさっているような状態なので、どうしても目つきが悪く見えてしまいがちです。

自分ではそんなつもりはないのに、

「怒ってるの?機嫌悪い?」

と聞かれてしまうこともしばしば。

ビマ
機嫌悪くなかったけど、『怒ってる?』とあまりにもしょっちゅう聞かれるので、その言葉でイライラしちゃう!

なんて意見も。
生まれつきの顔で、人間関係にまで影響しちゃうなんて、なかなか深刻な問題ではないでしょうか?

 

2. メイクが決まらない。

雑誌やテレビで色々なメイク方法を紹介していますが、たいていの場合、メイクモデルになる方はパッチリとした理想的な二重の持ち主だったりしませんか?

「確かに、こんなにキレイな目をしていたら、どんなメイクだってかわいく決まるだろうけど…」

と肩を落としてしまいます。

まぶたが覆いかぶさっているので、アイラインを引いても目を開けるとまぶたに隠れてしまったり、アイラインが上まぶたについてしまって、瞬きのたびにチラチラと見えてしまったりすることもありますよね。
淡い色のアイシャドウはますますまぶたを腫れぼったく見せてしまうし、マスカラをしても、まつ毛の根元がまぶたに隠れてしまって、短いまつ毛に見えてしまったり…。

パッチリ二重まぶただったら、どんなにかメイクが楽しくなるだろう!

と思ってしまったこと、ありますよね。

 

3. 全体的に地味な印象に

「目は口ほどにモノを言う」という言葉が示しているように、目は顔のパーツの中でも印象の強いパーツで、実際に言葉を発することはなくとも、目線などで自分の感情を伝えたりできるパーツです。

そんな目が小粒だと、どうしても顔全体が地味な印象になりがちです。
本当はピンクやレースなどガーリーな洋服も着てみたいけど、似合わないと自分で決めつけて、なかなかチャレンジする勇気を持てずにいる方もいるのではないでしょうか?

 

この3大一重まぶたのなやみから脱出するために、毎日「二重まぶた」に変身するために頑張っているあなた!
今、あなたがやっていてベストだと思う方法もあると思いますが、「二重まぶた」をつくる方法をおさらいしてみましょう。

 

二重まぶたになる方法

生まれつき一重でも、色々な方法で二重になる方法があります!

人それぞれ、合うものと合わないものがあると思いますので、自分なりに色々試してみましょう。
特に今回は一般的な、メイク、クセ付、整形という三つの方法からそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

 

メイクで二重まぶたに

メイクで二重まぶたをつくる

一番お手軽で人気のある方法がメイクです。
一重に悩む女子なら誰もが一度は試したことのある方法ではないでしょうか?

ひとくちにメイクと言っても、最近はいろんな方法があり、ドラッグストアなどに行くと色々な商品が販売されていて

「二重まぶたにするメイク用品ってかなり需要があるんだな。」

なんて感心してしまうほどです。

液体ノリのようなタイプでまぶたを貼りつけるようなタイプのものが一番メジャーで、お値段も数百円とかなりお手頃です。さらに、テープタイプの物や、ファイバータイプの物まで種類は様々。

ものによっては使い方が少し難しかったり、目をつむった時などにバレやすかったりするのが難点ですが、始めやすさやコスパは抜群です。

 メイクで二重まぶたに
メリット:コスパが抜群で始めやすく、ドラッグストアなどで商品が豊富
デメリット:少々使い方が難しく、目をつむった時にバレバレ!!

 

二重まぶたにクセ付

少し時間がかかりますが、まぶたが比較的薄い方ならクセ付することでより自然な二重を手に入れることができます。

夜寝ている時間にまぶたに二重の線をつけ、翌朝にはパッチリ二重になっている方法や、マッサージなどで少しずつまぶたを二重にする方法です。

値段も安く、すぐに始めやすいので、毎日実践している!という人も多いかもしれません。
毎日コツコツと続けることによって、何もしなくても二重になった、という口コミもあるので、悩める一重女子はやってみて損はないかも。

ただし、まぶたが分厚く脂肪量の多いタイプの目の方は、時間がかかってしまったり、夕方には一重に戻ってしまったりして不向きかもしれません。

 二重まぶたにクセ付け
メリット:値段も比較的安く、毎日続けたら何もしなくても二重になった、、、という声も。
デメリット:まぶたが分厚い場合には、夕方には一重に戻ってしまう場合もあり

 

整形で二重まぶたに

「毎日メイクで頑張ったり、クセ付を長期間するのも面倒。今すぐに本物の二重を手に入れたいの!」

という方なら整形という方法もあるかもしれません。

整形で二重まぶたに

初めの数日はまぶたが腫れてしまうこともありますが、手術直後の腫れがひけば、だれでも生まれつきのようなパッチリ二重になります。もともとの顔を知っている人でなければ、生まれつき二重なのか、整形で手に入れた二重なのか見分けることはできないほど自然な仕上がりになります。

費用がメイクやクセ付よりもグッと高くなることや、人によっては整形手術自体に抵抗がある方もいると思うので、整形手術を決心する前にカウンセリングなどをしっかりと行ってじっくり考えてみてくださいね。

 整形で二重まぶたに
メリット:自然な二重まぶたを手に入れることができる。
デメリット:費用が高い。

 

整形はちょっと怖いし踏み切れない、、、
でも、プチ整形だったら、、、そんなあなたには、プチ整形。
一度は考えたこともあるんじゃないでしょうか?

まぶたのプチ整形について、簡単におさらいしておきましょ!!

 

二重まぶたのプチ整形

実は二重まぶたのプチ整形に興味があるんだけど、ちょっと怖い気もする…と思っている方必見!

多くの女性が気になるところをサクッとわかりやすくご紹介します。

 

整形方法

二重瞼の整形手術は大きく分けて二種類あります。

一つ目は埋没法と言われる方法で、糸をまぶたに埋め込む方法です。
手術と言ってもメスを使って皮膚を切り込むわけではないので、体への負担も少な目です。

手術時間も10分から20分ほどと短くすみ、気に入らない場合には抜糸によってもとに戻すことも可能です。
ただし、時とともに糸が緩んできてしまい、二重幅が狭くなったり一重に戻ってしまったりする場合があります。

個人差もありますが、だいたい3~5年くらいの寿命と思っておきましょう。

もう一つの方法が切開法と言われる方法です。
まぶたの皮膚を3センチほど切開して二重のラインを人工的に作る方法です。

こちらは、埋没法と違って、効果が半永久的に続きます。
この方法だと、皮膚の脂肪を取ったり、まぶたのたるみを解消するなど、二重を作るだけではなくさらに色々なことができます。

ただし、埋没法の手術よりも多少大がかりな手術になるため、手術時間も長く、また腫れがひくまでにも時間がかかります。大きな腫れは1~2週間ほどで引きますが、希望通りの二重になるまでには3か月ほどかかると言われています。

 

費用はどれくらい?

美容整形手術は、保険診療の対象外となるため、全額自分が負担しなくてはなりません。
もちろん医師免許を持った先生が執刀するわけですが、治療ではないため、料金設定もクリニックによって様々です。

安さを売りにしているクリニックもありますが、安全面を最優先にして、事前に口コミなどをしっかりとチェックしておきましょう。メリットばかり話して、手術の危険性やデメリットを話してくれない先生は要注意です。

費用は平均的に、埋没法の場合で6~10万円ほど、切開法の場合で20~30万ほどです。

決して安い金額ではないので、事前にカウンセリングをしっかりと行ってもらい、手術後の完成予想などもしっかりと納得したうえで手術に踏み切ってくださいね。

 プチ整形で二重まぶたに
メリット:整形に比べて体に負荷をかけずに自然なまぶたを手に入れることができる。
デメリット:整形とまでいかないが費用が高い。また、元に戻る場合もある。

 

二重まぶた整形の失敗例

まれにですが、失敗してしまうこともあります。

たとえば、左右の目で二重幅が違ってしまったり、糸が切れてしまって一重まぶたに戻ってしまうことがあります。
たいていの場合、クリニックで保証期間を設けていて、その間なら修正や再手術を行ってもらうことができます。事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、埋没法の手術後に糸が皮膚やまぶたの内側に出てきてしまったり、ばい菌が入って化膿してしまう場合もあります。
最悪の場合には失明に至ることもあるので、気になることがある場合は、できるだけ早く手術を受けたクリニックを受診しましょう。

 

アイプチでモテ目をつくろう!

整形してみたいけど、そんなにお金もないし、やっぱりちょっと怖い!って方におススメなのがアイプチです。
パッチリとした丸い目を手に入れて男子受けのいい、かわいい顔になってみましょう!

 

アイプチを使うメリットって?

アイプチを使う最大のメリットはなんといってもコスパですよね。
1000円以下でも手に入れることができる手軽さで、中高生にも愛用者が多くいます。

毎日のメイクで二重を作る方法なので、その日の気分によって二重幅を変えるという上級者も!

思いっきりかわいくなりたいときには広めの並行型二重、ちょっとクールに決めたいときには、目頭から目尻にかけて二重幅が太くなる末広がり型の二重など、自由自在です。

ノリタイプの物や、テープタイプのものなど、色々試して自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

 

アイプチを自然に仕上げるメイクのコツ

まずはまぶたを清潔にすることから始めましょう。
前日のメイクが残っていたり、保湿クリームでベタベタとしている状態でアイプチをしても、持ちが悪くなるだけです。

そして、アイプチを使う前に二重のラインを決めます。
人によってしっくりとくるラインが異なります。

最初のうちは、附属されているプッシャーなどで色々なラインを試して、一番自然に見えるラインを探します。幅の広い二重はパッチリとしてかわいく見えますが、不自然なほど幅の広い二重は、モテ目とは言えません。

ノリタイプ、もしくはテープタイプのアイプチをまぶたにセットしたら、何度か鏡の前で瞬きなどをしてみて、不自然になっていないか色々な角度からチェックします。
さらにその上からアイシャドウやマスカラなどを重ねるとさらに自然に仕上がります。

「あ!アイプチを切らしてしまった!」

と思った時に使えるのが、意外にも絆創膏!

傷に当てるガーゼ付の部分ではなくて、サイドの接着面を細長く切ってまぶたに貼ると以外にも全く目立たずに二重になれるんです。しかも、もともと肌に貼る用の物なので、皮膚への負担も少な目。

100円ショップなどでも手に入れることができるので、メイクボックスにひと箱入れておくといいかも♪

 

二重まぶたの失敗事例と注意事項

アイプチは手軽で大人気の方法なのですが、ちょっとしたコツが必要です。
しっかりとテクニックを身に着けることで、プチプラの二重グッズでも完成度をグッとあげることができます。よくある失敗例と、それを防止する方法を確認してみましょう。

 

左右非対称になってしまった

一見左右対称に見える目ですが、まぶたの脂肪の付き具合や、目の幅など、たいていの人は左右で若干差があります。
そのせいで、同じようにアイプチをしたつもりなのに、出来上がりを鏡でチェックしてみると、左右が非対称にみえてしまうことがあります。二重の線ができやすいところ、できにくいところがあるので、初心者さんはプッシャーなどで色々と試してみましょう。

実際にノリやテープをつける前に、両方の目で確認し、バランスを確認してみましょう。
ただし、左右のバランスを重視するあまり、二重のラインが付きにくいところで無理に固定すると、すぐに一重に戻ってしまったりします。

ある程度の左右差は前髪やメイクでごまかすこともできるので、あまりにも大きな左右差でなければ、気にしないほうがいい場合もあります。

 

乾く前に瞬きすると変なクセがつく

意外とありがちなのが、ノリタイプのアイプチを使用していて、しっかりと乾く前に瞬きをしてしまうというパターン。

乾く前の状態だと、粘着力があるので、まつ毛がくっついてしまったり、希望の二重ラインとは違うところで線ができてしまったりすることも。でも、朝の忙しい時間に目をつむったまま待たなくちゃいけないっていうのも大変ですよね。
しかも、しっかりと二重のラインを出すためには、けっこうな厚塗りが必要です。

そこでおすすめなのが、ドライヤーです。

温風を当てるとお肌が乾燥してしまい危険なので、必ず冷風に設定し、肌から15~20センチほどはなして風を当ててみましょう。自然乾燥よりも、乾燥時間をグッと短縮することができます。

 

二重の幅が一定になりにくい

毎朝二重のラインを作るわけですから、その日によって二重のラインがバラバラになってしまうという事もありがちです。

特に朝は顔がむくんでしまっていることも多く、いつもと同じようにアイプチをやったつもりなのに、時間とともにむくみが取れてきたら、なんだかいつもと仕上がりが違う?!なんてことも。

これを防ぐためには、アイプチをする前に、しっかりとまぶたのむくみを取ることです。
ぬれタオルを電子レンジでチンしてホットタオルを作り、そっと目の上にのせます。
目の周りを温め、血流を良くしたら目頭から目尻に向かってゆっくりと老廃物を流すようなイメージでマッサージします。あまり強くマッサージするとしわの原因になるので、優しくマッサージすることを心がけましょう。

こうすることで、その後のアイプチの完成度も高くなりますよ。
毎日同じ位置で二重のラインを作ることによって、アイプチなしでも二重のラインが定着しやすくなるので、面倒なひと手間ですが、むくみやすい人は朝からアイマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ちょうどいい二重幅を探すのが大変

しっかりと二重になりやすいところと、なかなか二重のラインができないところがありますが、二重のラインが付きやすいところが、自分の理想の二重幅とは限りませんよね。
割と簡単にラインがつくところで固定して、目を開けてみたら奥二重のようで気に入らない!ってこともよくあるみたいです。

幅が広い二重は目がぱっちりと見えるのですが、幅が広くなればなるほど、そのラインをアイプチなどで作るのは難しいみたいです。幅広二重を目指したいなら、まずは脂肪を少なくすることから始めましょう。

スキンケアの際に、まぶたの脂肪を指の腹でぐりぐりと揉みほぐしてみましょう。
すぐに効果が目に見えるわけではないのですが、継続的に行うことで少しずつ二重のラインを幅広にしていくことができるかもしれません。

 

失敗を防ぐために気をつけること

アイプチはあまりお金をかけずに、気軽にできる反面、上手にできないと、アイプチで二重を手作りしている感じがバレバレになりやすいという欠点もあります。
特に接着面が多いと目をつむった時に怖い感じになるので要注意。

普段、メイクをしながら鏡を見ている時、人は目を開けた状態でしか自分の顔を見ていませんが、人は5秒に一度ほどまばたきをします。意外と、まばたきをしている時の顔も他人に見られているわけなんですね。

アイプチでかわいくなったつもりが、

「逆に怖いよ!」

なんて言われないためにも、目をつむった状態で片目ずつ出来栄えをしっかりと確認しましょう。

 

 アイプチで二重まぶたに
メリット:コストが安くすぐにできる。
デメリット:うまくやらないと二重を手作りしている感がでてしまう。

 

自然に二重になる方法

整形でもアイプチでもなく、日ごろの努力でコツコツとまぶたにクセをつけて、自然に二重になる方法もあります。
生まれつき、まぶたに脂肪が少ない人や、奥二重だけど、二重幅をもう少し広くしたいな、と思っている人なら3カ月くらいで二重をゲットできるかもしれません。

 

良く知られているクセ付方法

まぶたを二重にするうえで大切なのが、まぶたにある脂肪をなくすことです。
たとえば、若い時に一重だった人でも、年齢とともに脂肪が減ったり皮膚がたるんだりすることで自然に二重になることがあります。でも、年齢を重ねるのを待ってなんていられないですよね。

だからこそ、おススメは、まぶたのマッサージです。

目をつむってまぶたを触ってみると、眼球の形に骨に穴が開いているのが分かります。

その骨に沿って、ゆっくりと目頭から目尻にかけて指の腹で刺激します。
まぶたの皮膚はとても薄く、刺激に弱いので、必ずマッサージクリームやオイルを使ってマッサージしましょう。
化粧落としにクレンジングオイルを使っている方は、洗い流す前にまぶたマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか?
これは、二重の線をつけるというよりは、まぶたのむくみをすっきりさせ、脂肪を減らすイメージで行いましょう。
ホットタオルなどを使ってまぶたを温めてから行うとさらに効果UPです。

まぶたマッサージと並行して行うといいのが、二重ラインのクセ付です。

よくアイプチに付属しているプッシャーや、ヘアピンなどを使って、まぶたを傷つけないように気をつけながら二重のラインを作ってみます。その状態であごを引き上目使いにするとさらにまぶたが深く折り込まれます。
自分の理想の二重ラインを確認したら、そのまま上目づかいでできるだけ長く過ごしましょう。テレビを見たりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ちなみに最初のうちは、まばたきのたびに一重に戻ってしまいかもしれませんが、手元に小さな鏡を置いて根気強く続けてみましょう。

 自然に二重まぶたへ
メリット:いつでもどこでもできて、自分次第。コストもかからない。
デメリット:効果が表れるのに時間がかかる。なによりもコツコツと続けていく必要がある。

 

結局悩む・・・

あらためて、いろいろな方法を確認してみると、どれも一長一短で迷ってしまっているあなた。

二重になりたいけど方法に悩む

整形は高額だし、怖いし、、、
アイプチの失敗もこわいし、安っぽい感じも嫌だ。

そもそも、「美」を意識しているあなたは、毎日が忙しくて、時間を作れない!

でも、そんなあなたは、やっぱりいろいろな出会いが多く、仕事だけでなく、プライベートでも多くの人に接するわけですから、自分があたえる印象を、ほっておくわけにもいきません。 

さらにさらに、自分が意識していなくても、人に見られているのです。
お店に入った時の店員さんや、通勤時や、移動のタイミング。。。

あなたと一緒に歩いている人を不快にさせてしまうのは、じつは一番凹みますよね。。。

「あの時、ヤバかったよね・・・」

なんて、後から声をかけられたら、1日立ち直れません。

 

だったら、あなたの寝ている時間を使いましょう!

 

どんなに忙しくても、あなたは寝るはずです。
そして、睡眠は「美」を意識するあなたにとっては、とても大切な行動のはず。

わかっていても睡眠時間が少なくなってしまうのが常ですが、重要なこと。

そんな大切な「睡眠時間」を活用して、あなたの大切な第一印象を作り上げましょう!

 

寝ている時間を使ってクセ付け

寝ている間に、まぶたにクセをつける方法もあります。

寝ている時間に二重まぶたのクセ付け

夜間専用のアイテープなども販売しているので、使用してみるといいかもしれません。
夜寝る前に、すっぴんの状態でノリ状のアイプチや、テープタイプの物をまぶたに貼り、そのまま寝ます。

この寝ている時間を使うクセ付けで人気なのが「ナイトアイボーデ」

実際に「ナイトアイボーデ」をつかってみた・・・動画があるので、参考にしてみてください。 

 

クセ付けまぶたの悩み事・・・

朝起きたら、目がむくんでる!

肌トラブルを防ぐ成分や保湿、血行促進などの期待が持てる成分がふくまれているので、翌朝、目のむくみがきになるあなたでも安心です。

接着成分でまぶたがかぶれてしまった。

接着成分でかぶれる人って多いみたいですね。
こちらも、長時間接着していても肌の負担を軽減する、肌荒れ防止やアレルギー対策、炎症を抑えることに期待が持てる成分がふくまれているので、安心して使い始めることができます。

 

二重まぶたをつくるまとめ

今回、一重でお悩みの方のために、二重になる方法をまとめてみました。

パッチリとした二重になるだけで、気分も明るくなって、自分に自信がついたりしますよね。
まぶたの形状は人それぞれですから、どんな方法が自分に合っているか見つけられるよう頑張りましょう!

あなたの「美容らいふ」が充実して、毎日がキラキラしますように。

LINEで送る
Pocket

二重まぶたを時短で作る