思わずふれたくなる美肌をゲットするための5ポイント

お肌がキレイになる
LINEで送る
Pocket

あなたは自分のお肌に自信がありますか?

どんなに時間をかけてキレイにメイクをしても、赤ちゃんのようなプルプルのお肌にはかないませんよね。

お肌がキレイな女性って、それだけで若々しく健康的に見えて、美人度も大幅にアップします。とはいえ、女性の体はとても繊細で、特に皮膚の薄い顔は体調変化がとても出やすい部分なので、きれいな美肌を保つことは簡単ではありません。

それで、今回は美肌のためにするべきこと、しちゃいけないことを徹底的にご紹介します!

 

この記事の目次

どんな美肌だったら満足?もしくは綺麗?

よく、化粧品の広告などで「美肌」という言葉を耳にしますね。

読んで字のごとく、美しい肌のことですが、具体的にはどんなお肌なら「美肌」と言えるのでしょうか?
人によって、体質や生活環境はそれぞれ異なりますが、美肌になるにはいくつかの条件があるのです。

①お肌に潤いがあり、ふっくらしていること。

まずは欠かせないのがお肌の潤いです。

お風呂上りの肌はしっかりと水分を吸収し、ふっくらとしていていつもよりもキレイに見えるのではないでしょうか?
それほど、お肌の水分補給はとても大切なことなのです。お肌の水分量が十分に保たれていれば、色もワントーン明るく見えるから不思議ですよね。

20代から50代までの女性にお肌の悩みをアンケートしたところ、どの世代でも約40%の女性が乾燥に悩んでいることが分かりました。

 

②シミやニキビなどがなく、表面が滑らかであること。

10代の女性の46%がニキビに、30代以上の女性の55%がシミに悩んでいるそうです。

お肌が白くても、ポツポツとニキビやシミなどがあると、なんだか汚く見えてしまいますよね。でも、日ごろのケア次第で改善することは可能です!コツコツ頑張りましょう。

 

③血色が透き通って見えるような透明感。

透明感のあるお肌は、ほんのりピンク色をしています。
どんなにキレイにファンデーションをぬっても、チークを重ね塗りしても、本物の血色をメイクで再現するのはなかなか難しいですよね。

年齢が上がるほど、お肌のくすみに悩んでいる割合も上がっていく傾向があります。体の内側からのケアが必要なので、じっくり取り組みましょう。

 

④ハリと弾力が感じられること。

30代になると徐々に気になり始めるのが、たるみやシワですよね。
手で触れてみると、指を押し返すようなしっかりとした弾力のあるお肌が理想のお肌と言われています。そのためにはお肌の内部で十分なコラーゲンが生み出されていることが必須条件です。

 

以上の4つが美肌に欠かせない必須条件です。

どれか一つでも大幅にかけていると、美肌とは言えません。
自分のお肌の傾向をしっかりと分析して、しっかりと対策していきましょう!

 

美肌を作るためには?

美肌を作るために、色々な化粧水やクリームなどが販売されています

中にはかなり高価なものもありますが、「美肌のために!」と使っている方も多いのではないでしょうか。

美肌のためには化粧水?

確かに、そのような化粧品にはお肌への効果が高い成分が含まれているのですが、美肌の基本はクレンジング、という事をお忘れなく!どんなに高い化粧品を使っても、毎日のメイクや皮脂汚れをしっかりと落とせていないと、美容成分もお肌に浸透していきませんよ!

クレンジングについては、こちらの記事でおさらいしてみてくださいね。

10年後も満足な潤い肌へ!簡単にできるクレンジング&洗顔ポイント9つ

2015.03.19

クレンジングは肌質に合わせて選びましょう。

美肌のためにはクレンジングが重要

洗浄力の高いオイルクレンジングは洗い上がりがさっぱりとしますが、その分お肌への負担も大きめです。
ウォータープルーフの日焼け止めなどを使用した日はしっかりとメイクを落とす必要がありますが、ナチュラルメイクの日は、クレンジングもソフトなもので十分かもしれません。
自分のメイクにあったクレンジングを選んでください。

乾燥肌が気になる方はミルクタイプや、クリームタイプがおススメです。
毛穴のつまりが気になる方は、スクラブ入りのものもあるので、お肌を軽くマッサージしながら行うと効果的です。
クリームタイプなど、油分の多いクレンジングはオイリー肌の方には不向きです。毛穴に詰まりやすいので気をつけましょう。

 

悩みが多いトラブルと対策5選

多くの女性が悩んでいるお肌トラブルの中から、5つのトラブルと、それぞれの対策をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!

①ひじやひざの黒ずみ

流行りのクラッシュデニムなどを履くと、目立つのがひざの黒ずみ。
どうして、ひざやひじは黒ずんでしまうのでしょうか?

その大半は、古い角質が原因です。

膝やひじなどには脂肪があまりついていないので、床にヒザを突いたり、机に肘をついたりして摩擦を与えられることで角質が硬化してしまいやすいのです。また、ひざやひじには汗腺がほとんどないので、汗をかきにくく、乾燥してしまうのも原因の一つ。

対策としては、毎日お風呂上りにしっかりと保湿ケアをすることから

最近注目されているニベアの青缶やオロナインクリームなども、保湿力が高くおススメです。また、スクラブで古い角質を落とすのも効果的です。

実は家にあるもので、低価格な手作りスクラブができちゃうんですよ!

グリセリンと重曹を1:2の割合で混ぜるだけ!これを角質の気になるところに塗りこんで、ぬるま湯で流すだけで、少しずつ角質を除去することができるんです。週に一度のスクラブ習慣を試してみてはいかがでしょうか。

 

②カサカサ乾燥肌

女性は男性に比べ、皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい傾向にあります。
化粧水やハンドクリームを一生懸命塗っているけれど、追いつかない!という声もよく耳にします。

おススメなのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルで洗顔&クレンジング

ココナッツオイルは保湿性が高く、お肌を正常な状態へと整えてくれる優秀な美容アイテムなんです。
まずは、お風呂の浴槽に大さじ2ほどを入れてみましょう。これだけで、お風呂上りは全身がしっとりとします。

また、化粧水にもココナッツオイルを混ぜると、保湿力がグンとアップします。
化粧水を手に取り、ほんの一滴ココナッツオイルを加え、手のひらでよくすり合わせてから顔につけると、翌朝までもっちりお肌を保てます。

かかとや手の甲など特に乾燥の気になるパーツには、直接ココナッツオイルをすり込み、靴下や手袋をつけて眠るとパック効果で翌朝はしっとりしているはずですよ!

もっとココナッツオイルのパワーについて知りたいあなたは、こちらの記事をチェックしてみて!

本当は教えたくない!ココナッツオイルの7つの秘密

2015.06.08

③そばかす

色の白い方に良くできやすいのがそばかすです。
少女っぽくてかわいいなんて言われたりもしますが、そばかすが頬にある本人からすれば「そばかすのないつるんとした肌に憧れる!」という感じですよね。

そばかすを予防するのにまず欠かせないのは紫外線対策

できるだけ、直射日光を浴びないようにして、外出する際には、日焼け止めや日傘などを使用しましょう。

意外なことかもしれませんが、タバコがそばかすを作る原因の一つになっている場合があります。
煙草は、美肌に欠かせないビタミンCを大量に消費してしまい、メラニン色素をどんどん作ってしまうからです。さらに、ニコチンにより、血管が細くなり、新陳代謝が落ち、肌のターンオーバーもうまくされなくなってしまうとのこと。

もし、タバコを吸っているなら、今すぐにやめた方が良さそうですね!

 

④ニキビ

ニキビというと、中高生の悩みと思われがちですが、大人になっても「大人ニキビ」や「吹き出物」などと名前を変えて多くの女性を悩ませる厄介なものですよね。その原因の多くは皮脂の過剰分泌です。
ストレスやホルモンの乱れなど、原因は様々ですが、特に女性の場合、生理前にひどくなることが多いようです。

「大人ニキビ」や「吹き出物」

皮脂が過剰に分泌されているという事は、あまり保湿しないほうがいい?と思われがちですが、実はそれは逆効果!

お肌の内部が乾燥しているせいでそれを補うために皮脂が過剰に分泌されている場合が多いのです。ニキビができてしまった際には、丁寧に洗顔をして、肌をきれいに保つことを心がけ、化粧水などでいつも以上に保湿をしっかりと行いましょう。
慢性的にニキビに悩まされている場合、皮膚科のクリニックを受診して診るのもいいかもしれません。

保険適用範囲内で、治療できる場合もありますし、一度専門家に相談してみては?

 

⑤しみ、しわ

シミやしわ等、年齢によるお肌の変化はある程度は避けられないものですが、少しでも進行を遅くしたいと思うものですよね。

シミやしわに効くと言われている様々な化粧品が各種コスメメーカーから販売されていますが、それとともに、日常の生活習慣も大きく関係していると言われています。もちろん、バランスの良い食事でしっかりと必要な栄養素を摂取することや、適度な運動で定期的に汗をかくことも大切ですが、それと同じくらい大切なのが、質の良い睡眠です。
特に夜中の2時頃をピークに分泌される成長ホルモンはお肌の若さをキープするのに欠かせません。紫外線や摩擦などで受けたダメージを修復してくれるホルモンなのです。夜中の2時頃に、ぐっすりと眠っている状態でしっかりと成長ホルモンを分泌させるには、遅くとも12時までにはベッドに入り眠りにつくようにしましょう。

なかなか寝つきが悪いという方でも、部屋を暗くして、横になり、スマホなどを見ないように心がけてくださいね。

 

美肌のために摂取しておきたい食品

恋をすると女はキレイになる、なんて言いますが、実はこれ女性ホルモンが関係しているんだそうです。

エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、お肌の水分量を高め、お肌にハリや透明感を出したり、滑らかな肌を作ってくれる美肌ホルモン。

そんな美肌ホルモンを作ってくれる食材が大豆です。
豆乳や、納豆、お豆腐などの大豆食品に含まれる大豆ポリフェノールは、女性ホルモンと構造が似ていて、女性ホルモンが分泌されている時と同じような効果を得ることができます。

美肌のためには大豆などにはいっているイソフラボン

低カロリーでダイエットにも最適なので、キレイになりたい女子は毎日食べるしかないですね!

 

これはダメ!美肌に大敵なコト

少しでもきれいなお肌になりたいと一生懸命やっていることが実はNG習慣だった、という事もあります。

たとえば、シートパック。

シートパックをすると、お肌がたっぷり水分を吸収してプルプルになりますよね。だけど、シートが乾燥して、自然にペロッとはがれてくるまでお肌の上で放置してしまっている女性、意外と多いようですが、実は逆効果。

お肌の上にシートをのせておくのは5分くらいにしましょう。

それ以上、ぬれたシートをお肌の上に放置しても、お肌の水分がどんどん蒸発していくだけで、お肌の内部には浸透しません!

これもやりがちなのが、ゴシゴシ洗顔。

ゴシゴシ洗顔はNG

皮脂や汚れをしっかり取ろうとしすぎて、つい力が入ってしまったり、皮下脂肪をとりたくて強めにマッサージしてしまったりしていませんか?

特に顔やデコルテの皮膚はとても薄く繊細なので、強い摩擦で色素沈着してしまったり、しわの原因になることも。洗顔は大切ですが、たっぷりの泡を立てて、指で直接肌に触れないくらいの優しさで洗うよう心がけましょう。

 

モテ美肌を手に入れるための大切なケア習慣

女性の体は、ホルモンに支配されていると言っても過言ではありません。

生理前になると肌荒れがひどくなったり、生理後は調子がよくなったり。また、季節によっても夏は紫外線対策がメイン、冬は乾燥対策がメインなど、日々状態は変化しています。

美肌をいつもキープしている人は、毎日自分のお肌やライフスタイルに合わせたスキンケア上手さんなのです。

いつも何も考えずに、同じ化粧水と乳液をバシャバシャと顔につけていませんか?

モテ美肌を狙いたいなら、毎日のお肌をしっかりと観察し、今日の自分のお肌は何が必要なのかしっかり見極めましょう。

肌の状態に合わせてクレンジング

自分ではなかなか難しい場合は、化粧品店の美容部員さんなどに相談してみるといいかもしれません。豊富な知識であなたにぴったりのスキンケアを提案してくれるかもしれませんよ!

 

美肌ゲットで手にした思わずうれしいこと

日ごろの努力の成果が実り、美肌をゲットした多くの方々によると、お肌がキレイになることで、さらにダブルで色々な嬉しいことがあるんだとか!

一番はメイクに関すること

スッピンで出かけることもできるようになったので、時間短縮になったり、お泊りデートが憂鬱じゃなくなったという方も。
化粧のりがよくなったことで、欠点を隠すメイクから、チャームポイントを伸ばすメイクになってメイクが楽しくなった!という声も多数あります。

メイクが楽になってデートも楽しい

お肌がキレイになると、気持ちも前向きになるので、大胆なメイクにも挑戦しやすくなりそうですね!

ヘアアレンジの幅が広がった♪

また、おでこニキビが気になって、前髪はいつもおろしていたけど、美肌を手にしたことで、髪型の幅が広がった、という声も。
確かに、顔のお肌と髪型は切っても切り離せない関係かもしれません。

何より、自分自身が前向きにオシャレを楽しめるというのが素敵ですね。

 

お肌がキレイだと、それだけでかわいく、きれいに見えるものです。
美肌ゲットは簡単なことではないかもしれませんが、努力するだけの甲斐はあるはず!体の外側からも内側からからも、しっかりとケアして思わず触れたくなるような美肌を目指してゆきましょう!

 

でも、ひとつひとつのステップを、自分で確認しながらケアしていくのって大変ですよね?

トラブル肌に悩むあなたへ、化粧水、乳液、美容液がオールインワンになった『CREAL・オールインワンゲル』を試してみては?
キャンペーン価格で12,800円が初回無料です。
送料はかかりますけど。

>> オールインワンゲル【CREAL】 公式ページ

 

クレアル・オールインワンゲルが人気の理由は・・・?

角質層まで届くから、保湿効果が持続します!

表面だけケアするのでなないから、長持ちするんですね。

なぜ奥まで浸透するのか?

それは、ナノサイズまで粒子を微細化することで、皮膚への浸透が高くなるとのこと。
今までの粒子が大きかったクリームと違い、小さな粒子だからこそ、表皮の奥深くまで届けることが可能になるそうです。

 

トラブル肌ができにくい肌に。

肌トラブルの原因に、ストレスや生活習慣の影響が大きいことは先ほどお伝えしました。

肌だけのケアではなく、体の内面からできにくい状態をつくることが大切で、そのために、皮脂トラブルの要因から導き出された6つの有用成分も配合されています。

内面からケアするのって、なかなか難しいこと。
どんな成分が、トラブル肌になにをしてくれるんでしょう?

1. フィトスフィンゴシン

過剰な皮脂を除去し、整肌・清浄効果でニキビを予防してくれます。
この成分は、もともと人の皮膚の中に存在する皮脂で、皮脂トラブルへの優れた効果も報告されているそうです。

2. ビダボロール

飛騨トラブルから皮膚を保護する働きがあります。

3. フラーレン

優れた保湿効果で肌に潤いとハリを与え、透明感ある肌へ導きます。

4. ビタミンC誘導体

肌のコンディションを高め、コラーゲンをサポートする働きがあります。

5. アーティチョーク葉エキス

肌荒れ防止、肌と毛穴を引き締め、乱れた肌にハリと弾力を与えてくれます。

6. ローズエキス

老廃物や紫外線による肌へのダメージを防ぐとともに、乾燥によるくすみのない肌に導きます。 

 

結果を出すための使い方

洗顔後の肌はすぐに乾燥してしまいます。
洗顔後すぐ、適量(直径2.5cmぐらい)を手に取り、手のひら全体で顔の中心から、外側へゆっくり伸ばしていきましょう。

最後に軽く手のひらで包み込むように押さえてください。

使用者の声を聞いてみましょう。

『気づいたときにはおでこに皮脂トラブルが・・・』

いつも子供の世話や家事などでバタバタな私は、スキンケアを十分にできずにパパッとすませがちな日々が続いていました。
気づいたときには、おでこに皮脂トラブルが・・・

そんな私でも手軽にスキンケアできるのがクレアルでした。
本当に手軽なのにオールイワンとは思えないほどの保湿があって、スキンケアの時間がない私でもケアできるのが本当に嬉しいです。

 

時間をかけられる時ばかりじゃないのが、今の時代。

時短で、トラブル肌を改善できるのであれば、それはうれしい!!
忙しくて、時間に追われる生活を送っている人の味方ですねっ 

>> 驚くほどの浸透、保湿を実現 オールインワンゲル【CREAL】

LINEで送る
Pocket

お肌がキレイになる