30代からの日焼け対策!日焼けで老化しないお肌のためにデキるコト

LINEで送る
Pocket

お肌の老化の原因8割は紫外線にあった!

紫外線を浴びることで、お肌が乾燥したり、メラニン色素が過剰に作られることによってシミができたりします。しかも、強い紫外線はお肌の細胞自体を攻撃するほか、活性酸素がお肌の老化を早めてしまうという怖い作用も。

医学会で発表された論文の中で、海外で28年間トラックの運転手をしていた男性の顔写真が公開されました。

いつも紫外線を浴びている左側にはシワが深く刻み込まれ、一方紫外線をあまり浴びない右側はシワが少なかったんだそう。

この写真から、紫外線がお肌の老化と関係していることが明らかになりました。
日焼け対策は、今年の美白を守るだけではなく、将来の若々しい美肌を守るためにも必須と言えますね。

 

 

自然老化と光老化

シミやしわ等、年齢を思わせるお肌の症状がありますが、実は年齢が原因でそのような症状がお肌に出るのは、全体の2割程度と言われています。

加齢によるそのような症状は「自然老化」と言われ、年を重ねていくうえで避けることはできません。

しかし、残りの8割は、浴びた紫外線が原因と言われていて、そのような症状を「光老化」と言います。
普段あまり紫外線を浴びることのないお尻や胸の肌と、いつも外に出ていて紫外線にさらされている顔の肌を比べてみてください。

お尻や胸のお肌は、顔ほどシミやしわが気にならないという方がほとんどだと思います。

おしりのしわ、しみってないよね?

つまり、紫外線を浴びていなければ、顔のお肌も、紫外線を浴びてこなかったお尻や胸のお肌と同じくらい若々しさを保っていたはず、という事なんです。

 光老化についてもっと詳しく知っておきたい場合こちら。
以前アップした光老化の記事をご参考くださいね。

「光老化」を知ってエイジングケアをする6つのポイント

2015.03.03

そして老いに関しては「活性酸素」も忘れてはいけません。
活性酸素のおさらいはこちらから

サビない身体つくりのために、うまく活性酸素とおつき合いする5つのポイント

2015.02.05

 

油断しがちなシチュエーション

紫外線がお肌の老化と深く関係していることは分かりましたね。

一歩も外に出ないで室内にこもっているわけにもいかないので、できるだけ紫外線を浴びずにする努力がどうしても必要になります。
ビーチやハイキングに行くときなどは、いつも以上にしっかりと日焼け対策をしていると思いますが、普段のちょっとした油断が将来の美肌を危険にさらします。

ビーチの紫外線に注意

たとえば、主婦の皆さんなら、お天気のいい日は洗濯物を干したり、布団を干したりしますね。
外にいる時間はほんの10分ほどかもしれませんが、お肌はしっかりと紫外線を浴びています。日焼け止めクリームをこまめに塗ることを徹底しましょう。

洗濯中の紫外線に注意

また、室内や運転中の車内の紫外線も無視できません。

特にシミの原因となるUVAは曇りの日でも地上に降り注ぎ、窓ガラスをすり抜けて室内にまで届きます。
UVカット効果のある生地でできたカーテンを使用したり、UVカットシートをガラスに貼るなどの対策が必要です。

 

予防対策

紫外線を一切浴びないというのも難しいので、お肌の老化防止に効果のある食べ物を積極的に摂取して、将来の美肌を守ることをおススメします。

お肌が紫外線によって酸化してしまうのなら、抗酸化作用のある栄養素を積極的に食べるようにしましょう。

βカロテンは、抗酸化作用があり、発がん率を下げたり、免疫力を高める働きがあります。

特に夏が旬の多くの緑黄色野菜に含まれています。
できるだけ色の濃い野菜を選ぶと、栄養素も高いと言われています。旬の食材には、人間の体に必要な栄養素がたっぷりと詰まっているので、積極的に食べるようにしましょう。

また、赤ワインや緑茶、紅茶などに含まれているポリフェノールも抗酸化作用があり、お肌の老化予防に有用です。
緑茶などは、粉末状のものを水溶き小麦粉などに入れてお肌に直接塗り、パックするのも良い方法です。

話題になったココナッツオイルをつかったボディケアのおさらいはこちら

キレイな人は使ってる、ココナッツオイルの効果がすごい!〜ボディケア編〜

2015.03.24

日常注意しておきたい日焼け対策は、こちらでチェック。
毎日少しのケアが10年後のお肌に大きく影響します。

あなたは大丈夫?やってはイケない日焼け対策5ポイント

2016.07.14

 

お肌に必要な美容成分

では、毎日使う化粧品ではどんな美容成分がお肌の老化防止に役立つのでしょうか?
色々な美容成分がありますが、その中から代表的なものをいくつかご紹介します。

ビタミンC誘導体は、美肌に不可欠なビタミンCをお肌に浸透しやすく少し手を加えたものです。
美白効果の他、皮脂の過剰な分泌を抑える効果があります。

しわ対策の化粧品に多く使われているのがレチノールという成分です。
お肌のコラーゲンを増やしたり、ターンオーバーを正常に行われるよう助ける効果がありますが、お肌への刺激が強いので、人によってはお肌に合わず肌荒れの原因になってしまうことがあるので要注意です。

AHAという成分はピーリング効果があります。
お肌のターンオーバーを助けるので、古い角質層を除去し、新しくて若い皮膚が生成されるよう導く効果があります。

体の中から美肌を目指すために取り入れたい食材もしっかりとおさらいしておきましょう!
覚えておけば、飲み会でもしっかりと摂取できますよ!

体の中から日焼け対策!日焼け防止に効果のある食品はどれ?

2016.07.12


シミやしわを見つけると「年だからしょうがないかな…。」

と思いがちですが、実はその原因は紫外線にあったなんて、ちょっと怖いですね。
でも、紫外線を浴びないよう努力をすれば、今すぐのお肌にも10年先、20年先のお肌にもきっと違いが出てきます。

しっかり紫外線対策をして、美肌を守るよう頑張りましょう!

毎回毎回、こまめに日焼け止めクリームを塗るのはおっくぅだったり、なかなか忙しくて忘れがち・・・そんな方は「日焼け止めサプリ」飲む日焼け止め対策はしてみては?

塗り漏れや忘れ、汗で取れてしまったりと、、細かいコトを気にしなくても大丈夫だから、安心じゃありませんか?

LINEで送る
Pocket