知ってる?実は身近にある紫外線アレルギー

紫外線アレルギー
LINEで送る
Pocket

多くの女性は美容目的で紫外線対策をします。
でも、紫外線を浴びると様々なアレルギー症状が出てしまう人もいます。

自分には関係ないと思っている方も多いと思いますが、実はある日突然この紫外線アレルギーを発症してしまうことは、誰にでも起こりうることなのです。

では、どのような症状が出るのでしょうか。
どんな対策があるのでしょうか。詳しく解説します。

 

紫外線アレルギーってなに?

アレルギー自体はとてもありふれた現代病です。

春になると多くの方が花粉症の症状に悩まされますが、これもスギ花粉に対するアレルギー反応です。その他、ソバ、海老、大豆などの物質に体が過剰反応してしまい、湿疹や吐き気などの症状が発生することをアレルギーと言います。

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーの場合、人によって症状の程度は異なりますが、紫外線を浴びることにより、湿疹や吐き気などのつらい症状を引き起こしてしまいます。

 

紫外線アレルギーの症状

多くの患者さんに共通するのが、湿疹です。
紫外線を浴びたところにだけ、赤く細かいプツプツとした湿疹が現れます。かゆみを伴うことも多く、水膨れなど重症化することもあるので、広範囲の日焼けは大変危険です。

また、目から入る紫外線により、目が充血したり、涙が止まらなくなるといったこともあるようです。
UVカット効果のあるコンタクトやサングラスが欠かせません。

また、全身症状としては頭痛や吐き気、発熱などの症状がみられることもあります。

 

紫外線アレルギーの原因

コップに水を注いでいるところを想像してみてください。
コップの中にはどんどん水が溜まっていきます。そして、満杯になりますが、それでも水を注ぎ続けるとどうなりますか。当然ですが、水があふれてしまいますね。

紫外線のアレルギーも、コップからあふれ出る水のような感じです。

人にはそれぞれ、一生のうちに浴びてもよい紫外線の量、リミットが設定されています。
人によってその量は異なります。大きなコップを持っている人もいれば、小さなコップの人もいるわけです。そして、浴びた紫外線の量を体が覚えていて、ある日コップからあふれ出してしまうとアレルギー症状が出てしまうのです。

このリミットのことを「抗体量」と言います。
なので、昨日までは何も症状がなかったのに、今日になって突然アレルギー症状が出てしまったという事も起こり得ます。

多くの人の場合、この抗体量を超えるほどの紫外線を浴びずに一生を終えることが多いのですが、抗体量の少ない人の場合、一度この抗体量を超えてしまうと、それ以降は紫外線を浴びるたびに紫外線アレルギーの症状と付き合っていかなければならなくなります。

 

紫外線アレルギーをチェックする方法

紫外線を浴びたところにだけ、湿疹などの症状が出ていれば、紫外線アレルギーの可能性が高いのですが、皮膚科を受診すると検査を受けることができます。

「光線過敏症検査」と言って、光線を背中に当て、皮膚の反応を見る検査です。
この検査では、自分のアレルギーがどの程度の重症度なのか、また、UVA、UVBのどちらにアレルギー反応が出るのかなどを詳しく知ることができます。

病院によって費用は異なりますが、保険適用でだいたい4~5千円くらいで行うことができるようです。
紫外線アレルギーの心配がある方はお近くの皮膚科へ問い合わせてみてください。

 

紫外線アレルギー対策

症状が出ないためには、とにかく紫外線を浴びないようにすることが重要です。
とはいえ、食物アレルギーのように、食べなければOKというわけではないので、生活の様々な面で注意が必要です。

日焼け止めのクリームはもちろんのこと、窓ガラスに紫外線をカットするシートを貼ったり、紫外線を通さないカーテンなどを取り付けることができます。

最近では、衣服にも紫外線を遮断する効果のある布を使ったものが販売されているので、そういったアイテムを使って、より効果的に紫外線を浴びないように対策することもできます。

紫外線から身を守るために【UVカット加工】された衣類を活用するのも手段のひとつです。
そのUVカット加工衣類の効果について、まとめた記事はこちらから。 

暑~い夏を快適に過ごすには。紫外線+赤外線のWカット対策!!

2016.07.08

 

今は症状が出ていない方でも、ある日突然、紫外線アレルギーを発症してしまうかもしれません。

発症を予防するためにできることは、紫外線をできるだけ浴びないように気を付けることです。
特に紫外線の強い夏季は、しっかりと日焼け止め対策を行うようにしましょう。

 

年をとってからでも遅くはありません。
日焼け止めを気にし始めたら、毎日の生活を見直して、お肌の健康を維持してみてください。

年齢別に日焼け対策をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

30代からの日焼け対策!日焼けで老化しないお肌のためにデキるコト

2017.05.10

回復力が遅い40代の肌でもっ。5年後も美肌を維持する本気の紫外線対策!!

2016.06.07
LINEで送る
Pocket

紫外線アレルギー