あなたは大丈夫?やってはイケない日焼け対策5ポイント

間違った頭皮マッサージ
LINEで送る
Pocket

絶対に日焼けしたくないから、一生懸命に日焼け対策をしているのに、実はそれがNG習慣だった…

っていうこと、実はよくあるみたいです。

せっかく時間もお金も使って日焼け対策しているのだから、効果がなくちゃ意味ないですよね。
やってしまいがちな日焼け対策のNG習慣をご紹介します。

 

1. 古い日焼け止めを使う

去年の夏に使っていた日焼け止めが余っていて、もったいないから今年はこれを使い切ってから新しい日焼け止めを買おう…。

コレってありがちですが、実はダメなんです。

開封後の日焼け止めは、どんどん酸化が進んでしまいます。
酸化した日焼け止めをお肌に塗ると、日焼け止め効果が弱いだけではなく、お肌へのダメージにもなってしまいます。

もったいないから、と思わず、去年の日焼け止めは思い切って捨ててしまい新品を購入するようにしましょう。

ちなみに、スプレータイプのものなら、直射日光を避け正しく保存されている状態なら3年ほどは開封後でも保存できると言われています。

でも、やっぱりできるだけ早く使い切ることを意識しましょう。

 

2. 日焼け止めを塗るのは1日に1回だけ

SPFの数値はどれだけの時間、日焼け止めの効果を保てるかを表しています。
SPF1が約20分間の日焼け止め効果を表しているので、SPF20なら、20分×20=400分、つまり6時間40分ほど効果を保てるということです。

では、SPF値の高い日焼け止めを朝に一度だけ塗れば、その日は日焼けをしないのでしょうか。

そうとは言い切れません。

汗をかいたり、その汗をタオルで拭いたりすることで、日焼け止めも一緒に落ちてしまいます。
また、自分では汗をかいていないつもりでも、常に汗腺からは微量の汗が蒸発しているものです。

お肌の潤いを保つのに欠かせない皮脂も、分泌されています。
こうした汗や皮脂によって、知らず知らずのうちに日焼け止めクリームの効果が薄れていってしまいます。

つまり、一日に一回日焼け止めを塗るだけでは不十分だということなのです。
こまめに日焼け止めを塗り直し、いつも紫外線をガードするよう意識しましょう。

 

3. 塗りムラ&塗り忘れ

日焼け止めの塗りムラ、塗り忘れ

意外と多いのが、しっかり日焼け止めクリームを塗っているつもりだったのに、塗りムラができてしまっていて、まだらに日焼けしてしまった、という事です。

特に範囲が広く、手の届きにくい背中は要注意です。

おススメはジェル状の日焼け止めクリームです。
伸びがいいので、ムラなく全体に塗りやすいうえ、重ね塗りしても白浮きしません。

もちろん、家族などに協力してもらえるなら、背中は日焼け止めを塗ってもらえるといいですね。

また、塗り忘れも要注意です。
よく塗り忘れてしまうパーツは、髪の毛、足の甲、首の後ろです。

髪の毛は、皮膚ではないのですが、大量の紫外線を浴びているので、皮膚と同じように日焼け対策をしないとパサパサに傷んでしまいます。
UVカット効果のあるヘアワックスなどのアイテムを利用し、しっかり紫外線対策をしましょう。

首の後ろも忘れてしまいがちです。
また、顔やデコルテと近いので、首の後ろだけが黒くなるとかなり目立ってしまいます。

髪の毛を束ねて首の後ろもしっかり日焼け対策をしましょう。
さらに、足の甲にサンダルの跡がくっきりついてしまった、という経験がある方も多いと思います。スプレータイプの日焼け止めなら、サンダルを履いたままシューッと気軽につけられるのでおススメですよ。

 

4. 晴れの日だけ日焼け止めを塗る

日焼け止めは曇りの日も

日焼け止めって、付け心地が重いし、曇りの日はそんなに日焼けしなさそうだから日焼け止めはいいや…。

コレも、ありがちですが絶対にダメです。
確かに晴れた日のようなまぶしさや、照りつけるような暑さは感じないかもしれませんが、それでも晴れの日と同じように大量の紫外線が地上に降り注いでいます。

本気で美白を目指したいなら、曇りの日も雨の日も日焼け止めクリームは一年中使うようにしましょう。

 

5. 日焼け後一週間にやってはいけないこと

うっかり日焼けをしてしまった時、その後のケア次第で、色素沈着は最小限に抑えることができます。
日焼け直後はとにかくしっかり冷やし、保湿を何よりも最優先にしましょう。

皮がめくれてきても、無理にはがそうとしてはいけません。
無理にはがそうとすると、お肌が傷ついてしまい、治りが遅くなるうえに乾燥が進んでしまい、余計に色素沈着が進んでしまう原因になります。

無理して皮をむかない。

また、角質層を除去するピーリングも日焼け後一週間は控えましょう。
お肌がとても繊細になっているので、ゴシゴシとこするのはよくありません。
いつも以上にお肌を優しく扱うことを心がけましょう。

日焼け後の体洗いはやさしく
 

知らずにやってしまいがちなNG習慣をいくつかご紹介しましたが、あなたの日焼け対策は大丈夫ですか?
正しい日焼け対策を知って、効果的に美白を目指しましょう。

 

でも、毎日のケアが大変!
忘れちゃうってあなたには、聞いたことあるかもしれませんが、「飲む日焼け止め対策」がいいかも。

 

外からの日焼け対策だけじゃなく、体の中から美白を目指してみるのもひとつの方法。
毎日の食事で、日焼け対策に効果的な栄養素を摂取できる方法をご紹介します。

体の中から日焼け対策!日焼け防止に効果のある食品はどれ?

2016.07.12
LINEで送る
Pocket