日焼け対策前にっ!正しく日焼けのメカニズム知って、自分にあった対策をっ

日焼けのメカニズム
LINEで送る
Pocket

日焼けというと、太陽の紫外線を浴びることで肌が黒くなってしまうこと

とざっくり考えている方が多いと思いますが、皮膚の中ではどんな変化が起こっているのでしょうか。
なぜ、日焼けしやすい人と、日焼けしにくい人がいるのでしょうか。

夏も美白をキープしたいのなら、まずはどんなメカニズムで日焼けが起こっているのかを知ることから始めましょう。

 

メラニンの恐怖。

日焼けによってお肌が黒くなったように見える原因は、多くの方が知っているようにメラニンという色素が原因です。
紫外線からお肌を守るために生成されるメラニン色素ですが、それが過剰に分泌されるとシミとしてお肌に残ってしまいます。

通常は、お肌のターンオーバーとともに古い角質となり剥がれ落ちるのですが、強い紫外線などの刺激により過剰に分泌されてしまうと、排出しきれなかったメラニン色素が肌に残り、シミとなって定着してしまうのです。

 

メラニンとは?

そもそもメラニンとは何者なのでしょうか。

メラニンとは?

人間だけでなく、動物にもあり、黒色メラニンと肌色メラニンの二種類があります。

人によって肌の色が違うのは、この二種類のメラニン色素の量が違うからです。
肌や髪などが黒い黒人では、この黒色メラニン量が多く、白人は少なくなります。黄色人種である日本人では、この中間くらいのメラニン量が体内にあります。

髪の毛が黒いのも黒色メラニン色素のおかげで、加齢とともに白髪が増えるのは、毛根でメラニンを生産する能力が落ちてくるからだと考えられています。

お肌のメラニン色素はシミの原因になり嫌われ者ですが、髪の毛には豊富にあってほしいものなのですね。

 

メラニンが体を守っている?

メラニンの生成は悪いことばかりではありません。

表皮でメラニンが生成されることにより、体に悪影響を及ぼす紫外線がさらに体の内部へ達することを防いでくれているのです。
もし、メラニン色素がなかったら、少しの紫外線でお肌が真っ赤になってしまうだけでなく、DNAが破壊されたり、皮膚がんになってしまったりしてしまうでしょう。

強力な紫外線からお肌を守るために、防御壁のような役割を果たしてくれているのです。

 

メラニン色素が肌の色に及ぼす影響

日焼けでお肌のメラニン色素が増えてしまい黒くなった、とよく言いますが、実はその正体は黒色メラニンです。

黒色メラニンが多いと、お肌は褐色になり、紫外線をお肌の奥まで吸収させないように働きかけます。

この黒色メラニンが少ない白人ほど皮膚がんを発症しやすく、逆に多い黒人には皮膚がんの発症も少ないというデータもあります。
つまりこの黒色メラニンが多いほど、皮膚案などの要望能力が高く、また、紫外線のダメージもあまり受けません。

一方、肌色メラニンは、名前こそメラニンとついていますが、お肌を白くさせる色素です。

この肌色メラニンが多いと日焼けをしてもお肌に透明感があり、シミやそばかすなども目立ちません。
同じメラニンでも、正反対の働きを持っている二つのメラニン色素が、人の肌の色を左右しているのです。

 

美白化粧品がメラニン色素を減らす仕組み

美白化粧品の仕組み

各種化粧品メーカーからメラニン色素を減らす効果のある化粧品が販売されていますが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

メラニンは,チロシンとチロシナーゼという二つの物質が合体したり離れたりを繰り返すことで生成されます。この過程がお肌の中で起こらなければメラニンが作られることもなく、お肌が黒くなることもありません。

多くの美白化粧品では、チロシナーゼの生成を抑えることにより、メラニンが発生しないようにしています。

ちなみに、美白化粧品で効果があるのは、

「新しくメラニン色素を生成させないこと。」

であり、すでに皮膚にできてしまったメラニンの塊であるシミを消す効果はありません。

ただし、人間のお肌には自己再生能力があるので、新たなメラニン色素の発生を抑えることができれば、自己再生能力が追いつき、ゆくゆくは今お肌にあるシミも消えると考えられています。

 

日焼けのメカニズムまとめ 

メラニン=日焼け、シミの原因と思って、悪者扱いされがちですが、実はお肌を危険から守る大切な役割を果たしており、さらにお肌を白くさせるメラニンもあるなんて驚きではないでしょうか。

日焼けのメカニズムを正しく理解して、夏の紫外線に負けない美白をキープできるといいですね。

LINEで送る
Pocket