敏感肌のための日焼け止め選びと使用方法の3つのポイント

LINEで送る
Pocket

紫外線をカットしたいのに、日焼け止めのせいで肌が荒れてしまうなんて経験ありませんか?
敏感肌にはどんなタイプの日焼け止めが合っているのでしょうか。
敏感肌の方が安心して使える日焼け止めを選ぶためのコツをまとめてみました。

 

紫外線吸収剤は選ばない

日焼け止め選びで敏感肌が気にするべき2つ成分は『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』です。
紫外線吸収剤は敏感肌にとって避けたい成分になります。

紫外線吸収剤は紫外線を熱に変える性質を持ち、肌の上で化学反応を起こします。これは敏感肌にとっては大きなダメージに繋がる可能性があり、加えて、石油系成分でもあるので、これも肌に負担があると見なされています。

一方、散乱剤の原料の二酸化チタン、酸化亜鉛はファンデーション、フェイスパウダーに使用されているものなので、紫外線吸収剤より肌に負担がないと言えます。

 

パウダリータイプでさらさら肌をキープ

パウダータイプの日焼け止めがお勧め

日焼け止めを塗った時のあの厚ぼったい感じが苦手という方も多いのではないでしょうか?

最近では、軽い付け心地のミルクタイプやジェルタイプも登場しています。

中でも敏感肌にオススメなのがパウダータイプ。
液体タイプより肌への密着度が少ない分、刺激も少ないです。ルースパウダーのようにポンポン肌になじませるだけで日焼けを防いでくれ、化粧直しとしても優秀な逸品です。
ただ、パウダリータイプは汗で落ちやすいので、外で長時間過ごす時はクリームタイプにしたり、お出掛け時はクリームを使い、化粧直しはパウダーで済ませるなど、使い分けることで上手に肌への負担を軽減できます。

 

日焼け止めは2度塗り

正しい塗り方をしないと日焼け止めの効果が発揮されません。
そこで陽射しから美肌を守る塗り方をご紹介します。

日焼け止めの塗り方のコツは惜しみなくたっぷり均一に塗ることがポイントです。
日焼け止めのポイント

液体タイプのものなら10円玉くらい手に取り顔に均一に伸ばした後、もう一度同じ量を塗ります。この時、肌に刷り込んだり、塗り込んだりしないように、優しく肌の上を日焼け止めでカバーしていきましょう。
パウダリータイプも同じようにたっぷり均等に2度塗りすることが重要なポイントです。

まとめ

紫外線は目に見えない敏感肌の天敵ですが、万が一焼けてしまった時は、抗炎症効果の保湿効果の高いココナッツオイルパックがおすすめです。

ココナッツオイルでオイルマッサージ

ココナッツオイルパックなら、食用ではない化粧品用の安心のココナッツオイルで

日焼け止めを上手に使いこなして美肌をキープしながら、アウトドアもエンジョイしちゃいましょう。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ここちゃん

スリランカ産のキングココナッツの使い心地に惚れ込み、ココナッツオイルの良さをみなさんにお伝え出来ればと思っております。 ココナッツオイルの販売も行っております。