夏の化粧崩れ・・・実は隠れ乾燥肌が原因だった!? 今から真夏を乗り切る元気肌のつくりかた

LINEで送る
Pocket

念入りな日焼け止めケアがかかせない時期です。

本格的な夏に向けて気温が上昇してきたこれからの季節、最も気をつけたいのは紫外線です。
日差しが強くなってくる分、紫外線量も増えてきているので念入りな日焼け対策として日焼け止めクリームを常時活用して、朝だけでなく日中も塗り直すなど、紫外線からの肌への刺激をブロックする必要があります。

 

日焼け止め効果を高めるには乾燥肌対策が必要

冬の乾燥と違って夏は汗ばんだり、湿気もあるのでなかなか肌の乾燥には気が付かない場合があります。
しかもメイクが崩れやすいので、乾燥肌というよりはオイリー肌と勘違いしやすいかもしれません。

 

汗を掻いているわけでもないのに顔のテカリが気になって
あぶらとり紙が手放せないという方はいらっしゃいませんか?

あぶらとり紙

顔のテカテカをなんとか抑えようとあぶらとり紙を使われていると思います。
あぶらとり紙は、実は肌保湿に必要な皮脂のほとんどを除去してしまうので、かえって皮脂不足!乾燥肌!と肌が判断して皮脂分泌が盛んになってテカってしまう場合があるのです。

ですから不必要に皮脂を取り除いてしまうあぶらとり紙の使用は少し控え、ティッシュなどで肌をこすらないように軽く優しく押さえ取る程度でずいぶん顔のテカリは和らぎます。

そして今まで以上に、朝晩の洗顔後の保湿を重視して、しっかりと化粧水で保湿し、顔の隠れ乾燥を予防することで余分な皮脂分泌が行われることなく、水分量が維持された健康な肌でいることができます。

 

朝晩の洗いすぎない洗顔方法&保湿強化で肌の潤いをキープする

洗顔・ウォッシングは優しく

汗ばむ季節だから・・・と今まで以上に洗顔を頑張る必要はありません。
頑張りすぎて洗いすぎると、かえって肌の角質を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、肌のバリア機能がなくなってしまいます。

あくまでも肌に不必要な汚れの除去するための洗顔です。

洗顔方法はこちらに詳しく書いています。
参考になさってください。

10年後も満足できる潤い肌のために、簡単にできるクレンジング&洗顔レッスン 9つのポイント

 

空気の乾燥の季節、秋冬シーズンはどんな方でも肌の乾燥を感じやすいので保湿ケアに特に意識してこられたと思います。

でも気温が高くなってくる今の時期は乾燥よりも紫外線対策が必須と意識を持っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

「紫外線対策=日焼け止めを塗る」

これだけで十分と思いがちですが、日焼け止めは1日に何度も塗りなおさなければ100%の効果は望めません。
ですから、強い刺激を与える紫外線からひどいダメージを受けにくい肌にすることがとても大事になってきます。

 

紫外線の肌に与えるダメージとは・・・

紫外線が肌に与える影響

大気内の紫外線はその波長の特徴から3つに分類されますが、その中のUV-AとUV-Bと呼ばれる紫外線が肌に影響を与えています。

UV-Aは皮膚の真皮層に作用し、たんぱく質を変性させる作用があるといわれています。

つまり浴びることで皮膚に弾力性やハリがなくなり、老化が促進されていきます。
また、日焼けすると肌が黒くなってきますがこれはUV-Bで生成されたメラニン色素がUV-Aで酸化され、黒褐色に変化するといわれています。

一方、UV-Bは表皮層に作用する紫外線です。
肌にあたると色素細胞がメラニン色素を生成します。
肌が赤くなリ炎症が起こる症状を引き起こします。

日焼けは、紫外線が引き起こす症状ですが、それ以上皮膚層に紫外線が進入しないように肌の防御作用としても働いています。一度紫外線に影響を受けてしまったダメージ肌はなかなか回復するのが難しいです。
ですから日焼け止めクリームによって、肌へ不必要な紫外線の進入をなるべく止めましょう。

日焼け止めクリームで日焼けを防止

紫外線は私たちの肌にとって肌を老化させる有害物質!!と思いますが、紫外線がないと皮膚のビタミンDの欠乏となり、さまざまな病気を引き起こします。

実は殺菌や食品加工、病気の治療にも紫外線は利用されています。

紫外線の影響は人によって症状が違いますので、一概には言えませんが、紫外線対策に必要なケアとは肌の老化がより促進されないように、紫外線の刺激に強い肌=健康肌で生活することではないでしょうか。

 

乾燥対策・紫外線対策 どちらも必要なのは、ずばり「潤い」

乾燥していない、みずみずしい健康肌でいると紫外線からの刺激でのダメージの受け方が違ってきます。
肌のダメージを最小限にするためにも日頃のあなたの肌の水分量を気をつけてみませんか。

水分量が充実していると肌が潤っていると感じますよね。

「肌に潤いを与える」

基本は顔や身体を洗った後にすぐに肌に化粧水をつけ、さらに保湿剤をつけることです。

化粧水でお肌をケア

顔や身体を洗った後は、身体のバリア機能はほとんどありません。
気温・湿度の状態によって肌の水分はどんどん蒸発していきます。

生まれて間もない赤ちゃんの肌は瑞々しくて肌のツヤやハリを感じますね。
でも実は頭皮以外は乾燥でカサカサすることがありますので、保湿ケアが必要なお子さんが多いのです
今では沐浴(入浴)後すぐに保湿クリームを全身に塗ってケアするよう、出産した病院での指導もあるくらいです。

入浴後に保湿剤をすぐにつけるだけで肌の水分放出を防ぐだけでなく、乾燥によるひび割れ、かさつきによる痒みを和らぎ、皮膚の再生力低下をも防ぎます。

肌の潤いをキープする為に、「入浴後には保湿ケア」を常に意識することであなたの肌が健康状態で維持されていきます。

 

乾燥を感じる前に保湿ケアをする

秋冬の季節の乾燥肌は、特に手足の肌が粉が吹いたようにカサカサしてきますよね。
その段階でしたら、すぐに保湿クリームなどの保湿剤をつけるなどで乾燥の進行を抑えることができます。

乾燥を感じているけれど、すぐに何もしなかった場合、その後のあなたの肌はどうなるでしょう。

かかとのカサカサ

あとから保湿クリームをつけたとしても少し時間が経つとまた乾燥を感じてなかなか潤う実感ができなかったり・・・肌のひび割れ、かさつきが増し、痒みが伴ってくることはないでしょうか。

肌が乾燥し、さらに表皮の外側の角質層がめくれ上がったりしてしまうと、いつも変わらず使用している化粧品でも肌につけるとヒリヒリした刺激を感じてきてしまいます。

弱っている肌からはアレルギー物質などの異物が体内に入りやすくなっていますので、さらに別の症状を引き起こす要因にもなります。

 

こうなると何をつけても刺激ばかりでせっかくのお手入れが苦痛を感じて肌の状態が良くなることはないでしょう。
そんな状態になってしまったら、すぐにでも皮膚科で診察してもらい、適切な薬の処方してもらう必要になります。

肌が自分でお手入れできない程ひどい状態になる前に、乾燥を感じたらできるだけ早く保湿クリーム等の保湿剤をつけることをおススメします。

 

保湿剤があれば乾燥肌は改善されるの?

残念ながら保湿剤などで潤いを与えれば乾燥が100%改善されるわけではありません。

秋冬の時期は、カサカサして冷たい風が肌にあたるだけで刺激を感じ、痒みも伴ってきますよね。

初夏から真夏の季節は、強い紫外線やご自身の汗、空気の湿気とエアコンの風が肌の刺激を与える存在になります。

どんなに保湿効果のある化粧水などで補ったとしても、乾燥の原因である環境で生活している以上残念ながら100%の改善は難しいのです。

だからといって、保湿ケアが無駄であると思う必要はありません。

ケアを続けることで、確実に肌の外側の水分量の放出を防ぎ、環境からのダメージを受けにくい潤い肌に近づいています。

肌への刺激にさらに耐えられるような健康な肌でいるために、今度は肌の内側にも意識を向けてみましょう。
どんな刺激にもひどいダメージを受けにくい健康肌を生成されるようにするに、あなたの生活習慣や食生活を今一度見直して、乾燥原因を作っていないかを見極めましょう。

アトピーにお肌にココナッツオイル

健康肌でいると紫外線からの刺激でのダメージの受け方が違ってきます。
肌のダメージを最小限にするためにも日頃の肌の潤いを意識してみましょう。

 

生活習慣・食生活を見直しましょう

1.シャンプーやリンス、洗顔料のすすぎ残しに注意しましょう

色々な要因がありますが日常生活を振り返ってみると意外な原因にたどり着くときがあります。
使用しているシャンプーやリンス剤、洗顔料はどんなモノを使用されていますか?

クリーム状や液状の状態のモノをそのまま使用してしまうと濃度が濃すぎているために、気をつけてすすいでも肌に残ってしまいがちで、その成分が肌に残ることで肌に刺激を与え、乾燥や痒みを感じてしまう場合があります。

シャンプーやリンスを頭皮に残さない

使用するときには、洗浄剤はぜひ手や泡立てネットでしっかりと泡立ててから使用したり、リンスは地肌や顔の皮膚につかないように毛先から根元に向かってつけ、洗い流す時にも顔の皮膚につかないように気をつけられるといいですね。
洗髪の後に洗顔をされると顔に付着したリンスの成分を落とせますのでおススメです。

また、長時間の入浴やシャワーなども、その後に乾燥をしやすいので入浴後にはすぐに全身保湿の必要があります。
入浴後すぐに保湿剤を塗ることがポイントです。
入浴後から時間が経つにつれ、どんどん肌の乾燥が進行していきます。

保湿剤は皮膚科にかかると処方される乾燥肌の処方薬の一つです。
診察後、良くなっていても常に付けるのを忘れずに塗ることが大切だと先生より毎回 念を押されます。

良くなったと思って、保湿剤を塗ることを止めてしまうと、すぐに元の乾燥がひどい状態になってしまうからです。

潤い肌になるためには保湿を続けることが大切だといえますね。

 

2.水道水の塩素刺激から肌を守ろう

私達の生活で使用している水道水は塩素によって殺菌消毒されています。

このおかげで毎日安心して使用できるようになっていますが、同時にその強い殺菌成分の為に肌や髪の調子に影響を与えているともいえます。

スキンケアのために水道水の塩素に注意する

塩素によって、髪のキューティクルが失われ、表面が傷んできてきたり、肌の乾燥が引き起こされています。

最近では塩素を中和する入浴剤が販売されています。
また重曹や備長炭を湯船に入れるものいいと言われていますね。洗髪などで使用するシャワーヘッドを浄水機能を備えているものを使用する方法もあります。

水道水は地域によって水質が若干違うと思います。

水道水が気になるという方には、お値段は高いですが毎日の水道水を浄水機能で使うことで肌への刺激を改善できると思います。

 

3.体の血流を良くする運動をしましょう

運動をしないと体の新陳代謝能力が衰えてきますよね。そうなると身体の症状はどうなるでしょうか。

・血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすい→むくみを感じる
・胃腸反射が悪くなる→便秘気味
・皮脂を含んだ汗をかかないことで肌のターンオーバーがうまくいかなくなる→肌のツヤやハリがなくなる
・肌のバリア機能が失われ、潤いが保てなくなる→乾燥気味になる

美容を意識されているあなたですから運動をしないでゴロゴロと寝てばかりの生活ではないでしょうが、身体の細胞の生成に必要な運動が行われていないと肌に症状としてあらわれてくるのです。

上の4点に一つでも思い当たる方はいらっしゃいませんか?

そんな方は、ヨガやストレッチなど軽い運動から始めてみてはいかがですか。
今の姿勢をちょっと背筋や手足を伸ばしてゆっくり深呼吸するだけでも身体の血流が流れだしたのを感じるかもしれません。

血流を良くするには、やっぱり有酸素運動が最適です。

ヨガで血行促進

軽いジョキングやウォーキングなどもいいでしょう。
身体の中からじんわりと温まる程度の運動で決して激しい動きをしなくても大丈夫です。

家の中でできる運動にヨガやピラティスもありますが、フラフープもおススメです。
腰を動かすことで胃腸の働きを良くしますので便秘解消になります。
また全身の筋肉をつかいますので少ししただけでも、かなりの運動になりますよ。

血流がよくなり、身体に新しい酸素が取り込まれるので身体全体の機能がリフレッシュ!!老廃物が溜まっているむくみも改善できます。

 

4.肌に必要な栄養素を積極的に摂ろう

普段 食べている食事はどんなものですか?

数多くのアスリートが記録更新の為に日々のトレーニングだけでなく管理栄養士の指導に基づいて、毎日の食事メニューの管理をされていることは、いまや普通のことになってきました。

どんなにトレーニングをして身体を鍛えても、記録を出すには、その身体をうまく働かせる身体を造る必要がある。つまり生命を維持する為の身体の源、「食事」が大切だと考えられているからです。

健康な肌をつくるにも同じことが言えます。

見た目や日持ちのするよう加工されたインスタント食品や、添加物の多い清涼飲料水ばかり摂取した生活をしていると、体はどうなるでしょうか。生命維持に必要な栄養素不足で肌があれるだけでなく、病気を引き起こしやすくなったりします。

健康肌をつくるには、できるだけ肌の再生を促すような食品を摂取するのが望ましいです。

必要な栄養素をバランスよく摂るのが理想です。
美肌を目指すなら肌に良いといわれている食品を意識して摂取しましょう。
美肌への必須栄養素ビタミンA、ビタミンC、たんぱく質です。

ほうれん草、かぼちゃ、小松菜などで紫外線対策

ほうれん草

小松菜

かぼちゃなど色の濃い野菜

は抗酸化作用があり、しわやしみなど肌の老化を防ぐ大切な栄養素です。
紫外線による肌のダメージを抑える栄養素ですので積極的に食事で摂りましょう。

角質層の潤いに必要なビタミンCが豊富な食品は

フルーツでダメージを減らす

イチゴ

アセロラ

グァバ

レモン

みかん

キウイ

などのフルーツです。
加熱調理してしまうとビタミンが破壊されますし、ビタミンは長く身体にとどまらず体外に排出されますので食事の際は積極的に摂るのがいいでしょう。

たんぱく質は肉・魚・卵です。
美肌にかかわらず、身体をつくる大切な栄養素です。

また、発酵食品も効果的です。
ヨーグルトは整腸作用もありますので、身体の腸内がキレイになることで肌にもツヤやハリがよみがえってきます。

 

5.ストレスを溜めない生活を送ろう

仕事や家庭でストレスを感じる日々で肌が荒れてしまった・・・
運動や食生活を整えることにストレスを感じてしまう・・・

これでは美肌つくりをめざしていても逆効果です。

ストレスを感じてしまったら、すぐに休養してみてはいかがですか。
リフレッシュ方法はいろいろあります。

お肌のためにリフレッシュ

・深い深呼吸をして身体を伸ばしてみる
・水分を摂る
・好きな音楽を聴く
・睡眠をとる
・マッサージにいく

あなたにとって、気分転換できる最適な方法や場所があるはずです。
ストレス社会と付き合うには、ストレスを上手に取り除くこと、つまり楽しむことが大事かもしれません。
色々なことを楽しみ、脳のアドレナリンがでることで心の中の曇りがなくなり、体だけでなく肌の血流がよくなりますよ。

 

まとめ

肌の乾燥の原因は一言では言えないほど、色々な要因で起きていると思います。

でも、以上述べてきたことを少しずつで構いません。あなたの生活に取り入れて、それを習慣にされると必ずあなたの体や肌に成果として必ず現れてきます。

暑い夏の季節、紫外線を浴びて生活する中でイキイキとした潤い肌で過ごすには毎日のケアがとても大切です。

一度ダメージを受けるとなかなか回復できないですが毎日の肌ケア習慣がダメージを最小限にしてくれます。
どんな肌もたっぷりの保湿を行うことで1年後、5年後も元気肌でいることができます。
実現を楽しみながら行ってみませんか。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。