見落としてませんか?『首』のエイジングケア

LINEで送る
Pocket

お顔のアンチエイジング、スキンケアはしっかりと考えている方、とっても多いと思います。
ですが、首回りって意外とおろそかになっていませんか?
首回りのお手入れもとっても大切なのです。
今回は『』について、お伝えしたいと思います。

 

年齢が現れやすい『』お手入れできていますか?

フェイスケアだけでなく首も

第一印象で、年齢を判断する部分はお手入れする意識が高い『顔』ですが、首やデコルテ部分にも年齢が現れやすいですよね。

そんな年齢が現れやすい首専用のお手入れをしている女性がどれくらいいるでしょうか?

エステサロンで様々な年代のお客さまの「キレイ」のお手伝いをさせて頂いていますが、これまで何もしてこなかった方と、首のお手入れをしっかりしてきた方には違いがあります。

では、もう無理と諦めなくても大丈夫です。
襟元が開いた春服を美しく着れるように、何歳になっても、タートルネックやスカーフで隠すことなく、堂々と着れるように『首』のエイジングケアは大事なお手入れの一つといえます。

 

顔と首のお肌の構造は違うんです!

顔の構造

顔には靭帯があり、真皮と骨をつなぐ靭帯があり、お肌をしっかりと柱のように支えて、タルミを防いでいます。
しかし年齢を重ねることにより真皮のコラーゲンが少なくなり、シワやタルミが現れます。

首の構造

首には靭帯がなく、皮下組織のコラーゲンネットがお肌を支え、ハリを保っています。
そのため、皮下組織の加齢による変化がお肌に影響して、深く太いシワやタルミが現れます。

このように、私たちの顔と首の構造はフェイスラインを境に違い、シワやタルミの現れるしくみも異なります。

 

首の皮膚は薄く乾燥しやすい!

首は乾燥しやすい

乾燥はお肌の大敵!お顔だけでなく首の美しさにも乾燥は大きく関係します。
首の皮膚はお顔の2分の1の薄さしかないので実はとっても乾燥しやすいんです。それなのに意外とお顔に比べると、スキンケアがされておらず、紫外線や外気にさらされ無防備な状態になりがちではないでしょうか?

乾燥や紫外線がバリア機能を低下させ、外からの乾燥だけでなくお肌の内部の水分も低下しやすくなります。
お顔のスキンケアに負けないくらい紫外線や外気からの保護&保湿をしてあげてください。

 

今日からできるネックケアで『首美人』に!

首美人

エステサロンに来ているお客様には、

おうちでスキンケアをするときは、首・デコルテまでがお顔だと思ってスキンケアをしましょう♪

とお伝えするようにしています。

お顔と首はつながっていますよね?
特別なネックケアを行うことも大事ですが、毎日のスキンケアが基本となります。
お顔のスキンケアの延長で、ローション・美容液・ミルクローション・クリーム・オイルといったアイテムを、いつもの手順でしっかりと首まで伸ばすだけでも差がついてきますよ。

集中的にネックケアを行いたい方はネックケア専用のマッサージクリームやジェルなどのアイテムも発売されているのでチェックしてみてくださいね。

・リバイタル ネックゾーンエッセンス
・資生堂 べネファンス ネックコントアトリートメント コンセントレート
・DHC 薬用Qロングリンクルクリーム
・メナード オーセントネックエッセンス

などなど

 

紫外線はお肌の弾力を奪い、シワのもとに!

紫外線対策

首は皮膚が薄いにもかかわらず、紫外線に対し無防備になりがち。
紫外線は真皮のコラーゲンを変性させ、お肌を乾燥させてしまいます。そのためシワやタルミができやすくなるほか、くすみの原因にも。また、お顔と違いベースメイクやファンデーションをしないので日焼け止めなどで、紫外線予防を意識してあげてください。

 

首のこり・肩こりを防いで代謝を促しましょう!

肩こりを改善

毎日、重い頭を支えている首はどうしても筋肉が緊張しやすく、血行も悪くなりやすいです。

コリだけでなく、代謝の低下にもつながり乾燥やくすみの原因になります。
鎖骨の下のくぼみを押して人差し指と中指で鎖骨を挟みながら指を軽くスライドさせリンパを流したり、首元から顔のほうへ優しくすりあげるようにマッサージするのも首のシワやタルミの予防・改善におススメです。

 

日常生活の姿勢や、なにげないクセの見直しを♪

高さのあわない枕

高すぎる枕を使っていませんか?

枕が高いと首や背中に負担がかかり、疲れやコリの原因に。
また、あごが引かれた状態で固定されシワを作ります。最近では、わりとリーズナブルに自分の首のカーブに合った枕をオーダーでき短時間で受け取れるお店もあるようです。

 

片ひじ、頬づえをつくクセはありませんか?

片ひじ、頬づえをつくクセは同じ方向ばかりに首を曲げ、シワやタルミを作ります。
またパソコンの作業時も前かがみになりがちで、タルミの原因になるので、良い姿勢を意識して。

 

まとめ

いかがでしたか?
年齢が現れやすい部位なのに意外と無防備にされやすいネックケア。

女性を見て若々しさを判断するポイントでは、お顔に次いで首の肌が挙がっているくらい実は良く見られているんです。そんな首がガサガサ、たるたる、シワシワでは、どんなにお顔のエイジングケアされていても、お顔の美しさや若々しい印象もぐっとダウンしてしまいます。

お顔のスキンケアを毎日行っているように、ネックケアも毎日の習慣にしてあなたも『首美人』を目指してみませんか?

冬こそ使いたいココナッツオイル〜スキンケア編〜
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

稲垣 美沙

1983年生まれ。
A型。
4月より中1、小4の男の子の母。

早いもので、もう3月になりましたね。
まだまだ寒い日もありますが、日中暖かい日もあり友人と

「もう少し暖かくなったら少し遠くへお出かけしようよ!」

なぁんて話してワクワクしてます♪

コンビニでファッション雑誌を手に取ると、パステルカラーのお洋服がたくさん♡
2017年の春夏はピーチ&コーラルの淡いピンクがトレンドカラーのようですね。私も今年の春夏は淡いピンクのお洋服に挑戦してみたいです。
もう1ヶ月もすると暖かい日が多くなり、だんだんと薄着になる機会が増えると思います。夏にはビキニを着て海やプールにも行きたいですよね。

二の腕やお腹周り、お尻のたるみが気になりませんか?

去年の夏頃、ダイエット検定1級に挑戦し合格することができました。
ダイエット検定で学んだことを食生活で活かしつつ、自宅で筋トレやストレッチをしたり月に1〜2程度トレーナーさんのご指導を受けてトレーニングしています。

理想のボディに近づけるよう日々楽しみながら無理なく、【続ける】ことを大切にしています。
【着れる服】ではなく【着たい服】が着れる2017年になりますように♪