春こそ丁寧なW洗顔で美肌ケア

クレンジングは優しく
LINEで送る
Pocket

まだまだ寒いですが、コスメ業界やアパレル業界は春夏の商品見かけます。

お洋服のように、シミやシワタルミが出たらクリーニング、買い替え!といかないのが私たちのお肌。
1つ、美容液1つにしても、その役割や効果を知らずに使うのと、知ってもらって使うのでは効果の実感や継続することへの意欲に違いが出てくるのではないでしょうか。

 

春はお肌は汚れやすい

はるの肌は汚れやすい

1年のなかで黄砂の飛散が多いのは、3~4月です。(7月~8月はほぼ0)
気温もだんだん高くなるので、皮脂の分泌も増えます。

皮脂の分泌が多くなるということは、お肌がベタつきやすくなりますよね。そこに黄砂や花粉、ホコリが吹きつかれるとお肌に付着しやすく毛穴のつまりや、吹き出物などの肌トラブルも起こしやすくなってしまうのです。
また、温かく感じる日もあれば、まだまだ寒い日もあるのでお肌がその環境についていけずに、不安定になりやすい時期です。

そんな時期こそスキンケアの基本である洗顔を見直してみてください。

意外と正しい方法を知らなかったり、いつの間にか自己流になってしまっているかもしれません。
私が勤めているサロンでは、お客様と『美肌レッスン』を定期的に行い、ホームスキンケア方法の確認をしています。使用する量、力の加減などを正しいスキンケアをすることで、お肌はキチンと応えてくれます。

間違った洗顔は、かえってあなたのお肌を乾燥させたり、痛めたりすることもあります。

 

クレンジングの役割

クレンジングは優しく

クレンジングはメイクや日焼け止めなどの油汚れを落とすものです。
軽くであっても、ファンデーションを使用してメイクをした日は油汚れを落とすためにクレンジングを行いましょう。特に、最近のファンデーションは粒子が細かく汗などで簡単に落ちにくくなっており、フィット感が格段によくなっているのでクレンジング料でしっかりと落とす必要があります。

ポイントは、こすらないこと!

こすってしまうとお肌の表面にある、表皮がはがれてしまい、お肌のバリア機能が低下し、炎症や細菌感染して肌トラブルを引き起こしやすくなります。また、強い力を入れてしまうと毛穴をふさいでしまって、毛穴の汚れが浮き上がってこれません。

しっかり汚れを浮かせるためには、優しくクレンジング料を滑らすように行ってあげてください。

 

ウォッシングの役割
~クレンジングだけは汚れをお肌にのこしたままになっているかも?!

洗顔・ウォッシングは優しく

ウォッシングの役割は、古い皮脂や角質(アカ)、汗、ホコリ、細菌などの汚れを洗い流すことです。

時々、ウォッシングをすると乾燥するのでしてません。という方もいらっしゃいますがクレンジングのみで汚れを落とそうとすると、やはりゴシゴシお肌をこすってしまいがち。

クレンジングは、メイクなどの皮脂汚れとなじんでお肌から「浮かせる」ことが役割なので、お肌に残った「汚れ」やクレンジング料をしっかり洗い流すためにもクレンジング後のウォッシングは必須なんです。

ここでも大切なのは、やはりお肌をこすらないこと。

泡立てるタイプなら、きめ細かく弾力のある質の良いたっぷりの泡は、お肌の上を転がすだけで、汚れを吸着してくれるのでゴシゴシこする必要はありません。
すすぎのお湯は少しぬるいかな?と感じるくらいが理想です。
熱いお湯は必要な皮脂や潤いまで奪ってしまうのでご注意を。すすぎ忘れやすい髪の毛の生え際やフェイスラインもしっかりすすいであげてください。

 

正しいスキンケアをするだけで、お肌は確実に変わります♪

正しい洗顔

クレンジングとウォッシングの役割の違いを認識し、W洗顔を行いましょう。
すでに行っている人は、使用している洗顔料の適正量を確認し守るようにしてあげてください。

もったいないと、量をケチってしまうと効果が半減するばかりか、お肌にダメージを与えてしまうかもしれないです。

正しい洗顔方法を身につけることが第一ですが、あなたの肌質にあった洗顔料を選ぶことも大切です。
美容液や化粧水を上質なものを選んでいても、毛穴に汚れが残っていては浸透を妨げてしまいます。美容のプロフェッショナルの間では『洗顔でお肌は変わる』というのは常識といわれているくらい♪

お肌の不調を感じたら、洗顔料から見直してみるといいかもしれません。
クレンジングにも色々な種類があるので、肌質やお好み、使用感で選べる用になっています。

オイルはいろいろなタイプがあります

オイルタイプ
洗浄力が高いのですが、負担も大きいのでニキビや乾燥肌の方には不向き。

ふきとりタイプ
手軽に使えて便利。こする行為はお肌を痛めやすいので注意。

ミルクタイプ
お肌に負担をかけにくいので、敏感肌、乾燥肌の方におすすめ。

クリームタイプ
保湿剤・水分・オイル・乳化剤をバランス良く含みお肌の潤いを守りながら汚れを浮き上がらせてくれる。

 



 

まとめ

365日毎日の積み重ねが何年後、何十年後のあなたのお肌を変えてくれると思います♪

洗顔の役割はただ、汚れを落とすことだけではありません。本来お肌のもつ力を引き出し、次に使う美容液や化粧水などの浸透を高めてくれます。

早速、今日から洗顔を見直してあなたの美肌を高めていきませんか?

美肌に効果的な飲み物5選冬こそ使いたいココナッツオイル〜スキンケア編〜冬こそ使いたいココナッツオイル〜マッサージ編〜
LINEで送る
Pocket

クレンジングは優しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

稲垣 美沙

1983年生まれ。
A型。
4月より中1、小4の男の子の母。

早いもので、もう3月になりましたね。
まだまだ寒い日もありますが、日中暖かい日もあり友人と

「もう少し暖かくなったら少し遠くへお出かけしようよ!」

なぁんて話してワクワクしてます♪

コンビニでファッション雑誌を手に取ると、パステルカラーのお洋服がたくさん♡
2017年の春夏はピーチ&コーラルの淡いピンクがトレンドカラーのようですね。私も今年の春夏は淡いピンクのお洋服に挑戦してみたいです。
もう1ヶ月もすると暖かい日が多くなり、だんだんと薄着になる機会が増えると思います。夏にはビキニを着て海やプールにも行きたいですよね。

二の腕やお腹周り、お尻のたるみが気になりませんか?

去年の夏頃、ダイエット検定1級に挑戦し合格することができました。
ダイエット検定で学んだことを食生活で活かしつつ、自宅で筋トレやストレッチをしたり月に1〜2程度トレーナーさんのご指導を受けてトレーニングしています。

理想のボディに近づけるよう日々楽しみながら無理なく、【続ける】ことを大切にしています。
【着れる服】ではなく【着たい服】が着れる2017年になりますように♪