今さら聞けない!ノンシリコンシャンプーって何?!

ノンシリコンシャンプーって何?
LINEで送る
Pocket

シリコン入りのシャンプーを使い続けると、髪や頭皮に悪影響で、場合によっては薄毛やハゲの原因になる…

なんて聞いたことがありませんか?

髪の毛の悩みを抱えている人は、ノンシリコンシャンプーを使っている人も少なくないはず。
ノンシリコンシャンプー=髪にいい、という情報だけが出回っていて、実はよく知らないって人も結構いるのでは?

というわけで、今回は今さら人には聞けない、ノンシリコンシャンプーについてのアレコレをまとめてみました。

 

シャンプーの成分

一般的なシャンプーには何が入っているかご存知ですか?

髪に良いとされる美容エキスや、髪の栄養などを配合していると大きく宣伝しているシャンプーでも、シャンプーの50%、約半分は水です。
水を加え、液体状にすることにより、扱いやすく泡立ちやすくされています。

次に多いのが、界面活性剤つまり洗浄成分です。
この成分は、いわゆる食器洗い洗剤にも使われています。もちろん、それだけを直接髪の毛につけると、ギシギシしたり、ごわごわしたりと手触りが悪くなるので、髪の表面をコーティングするようなオイル成分や、髪の毛の栄養を補給するためのアミノ酸、また、よい香りをつけるための香料などが配合されているのです。

 

シャンプーの種類と髪&頭皮への影響

ドラッグストアのヘアケアコーナーなどをのぞいてみると、たくさんの種類のシャンプーがずらっと並んでいて、どれを選んでいいのか、迷ってしまう時がありますよね。値段で選んでみたり、香りやパッケージなどで選んでみたり、ダメージヘアを修復するシャンプーや、髪の毛が早く伸びるシャンプーなど、髪の悩みでシャンプーを選んでみたり、選び方は人それぞれだと思います。

シャンプー選びでいつも迷っている方は、まずは主なシャンプーの種類や見分け方を知ることから始めてみましょう。

シャンプーの種類と髪&頭皮への影響 

① 高級アルコール系シャンプー

低価格で販売されているシャンプーは、この種類に属することがほとんどです。

高級という名前がついていますが、硫酸系の成分を使っていて、安価で大量に生産できるのが特徴です。
洗浄力がとても高く、泡立ちもとてもいいので、洗い上がりはさっぱりします。ただし、乾燥肌タイプの方が使うと、余計に乾燥肌を悪化させてしまうこともあります。また、一見オイリー肌に見えても、肌表面が乾燥しているために、それを補おうとして脂の分泌が過剰になっている隠れ乾燥肌の女性も多いので、どちらにしてもこの種類のシャンプーはあまりおススメできません。

安いシャンプーには、安いなりの理由があることを覚えておきましょう。

見分け方ですが、成分表を見てみて、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」など硫酸というキーワードが入っている場合には、この種類のシャンプーの可能性大です。

 

② 石鹸系シャンプー

石鹸と言っても、固形石鹸ではなく、液体状に加工して販売していることが多いです。
洗浄力は高いのですが、石鹸がアルカリ性であるのに対し、人間の皮膚は弱酸性のため、肌や髪への負担が高くこちらも髪の毛の洗い上がりはあまりよくありません。特にパーマやカラーをしている場合、この種類のシャンプーを使うと取れてしまいやすいのも特徴です。ただ、自然の力によって分解されやすいので、環境を配慮してECOしたい!という方には、おススメです。

成分表に、石鹸用素地や脂肪酸ナトリウムといった成分が含まれていたら、石鹸系のシャンプーです。

 

③ アミノ酸系シャンプー

髪の毛の主成分はたんぱく質です。
同じたんぱく質から作ったシャンプーがアミノ系シャンプーなので、髪にもよく、肌の弱い人などでも使いやすいのが特徴です。洗浄力がほかのシャンプーに比べて弱めで、泡立ちもあまりよくないので、始めは物足りない感じがするかもしれませんが、使っていくうちになれると思います。ただし、ほかの種類のシャンプーに比べるとお値段がちょっとお高め。

この種類のシャンプーは、パッケージに「アミノ酸系」と書いてあることも多いので、見分けやすいと思います。
髪の毛を大事にいたわりたいなら、この種類のシャンプーがおススメです。

 

シャンプーに含まれるシリコンって何?

シャンプーに含まれるシリコンは、ハゲの原因になるから、ノンシリコンシャンプーが良いらしい、と聞いたことがあると思いますが、シリコンっていったい何者なのでしょうか?

一般的にシリコンという言葉を聞くと、豊胸手術で胸に入れるプラスチックの塊のようなものを想像する方もおられると思いますが、シャンプーに入っているシリコンとは全く別物です。

シャンプーに配合されているシリコンとは、化学反応によって作られる人工物のこと。
髪の毛の表面に付着し、髪一本一本をコーティングするような効果があるので、洗い上がりの髪の毛の手触りがよくなったり、ツヤが出たように見えるといった効果があります。シャンプー中の摩擦や、ドライヤーの熱などでキューティクルが壊れるのを防いでくれる効果もあるので、パサつきが気になる方には、助かる成分ではないでしょうか。

シャンプーの成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シリカ…といった成分が含まれている場合、シリコン入りのシャンプーという事になります。

 

ノンシリコンシャンプーの効果

シリコンというと、一方的に悪者にされているイメージがありますが、実は髪の毛のコーティングをしてくれる、女性にとってはうれしい効果もある成分です。

では、なぜ、これほどまでにノンシリコンシャンプーが良いとされているのでしょうか?

それは、シリコンが、髪の毛をコーティングする際に、髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうことがあるから。
髪の毛だけをコーティングするなら、手触りもよくなりツヤが出て、いいことなのですが、頭皮もコーティングしてしまう場合があります。毛穴にシリコンが詰まると、頭皮環境はいっきに悪化してしまいます。

十分な栄養や酸素が毛根に運ばれなくなると、健康な髪の毛が生えて来なくなるので、髪の毛が細くなったり、抜け毛の原因になったりすることも。また、シリコンに頼ったヘアケアばかりをしていると、一見髪の毛が健康そうに見えるため、気づかぬうちに頭皮や髪の毛を傷めつけてしまっている場合もあります。

シリコンの影響は、それだけではありません。

髪の毛をコーティングするという事は、シャンプー後にヘアケア剤などで髪の毛に必要な栄養を与えても、髪の毛の内部に浸透しにくくなってしまうという事。
さらに、パーマやカラーなどの薬剤も髪の毛に浸透せずはじかれてしまうので、持ちが悪くなり、結果として頻繁にパーマやカラーなどを繰り返し、髪を傷めつけてしまうことがあるのです。

その点、ノンシリコンシャンプーを使うと、頭皮の毛穴にコーティング剤が詰まってしまうことを防ぐので、頭皮を健康な状態に保ちやすくなりますし、パーマやカラーの薬剤もしっかりと効果を発揮することができるので、長持ちするという利点もあります。

 

ノンシリコンシャンプー購入時にチェックするポイントは?

ノンシリコンシャンプー=シリコンの入っていないシャンプー…ではないんです!

実は、ノンシリコンシャンプーという言葉の明確な定義が存在していないため、極論を言うと、シャンプーメーカーはシリコンを配合しているシャンプーにも、ノンシリコンシャンプーというフレーズを表記できてしまうというわけ。

それって、なんだかとってもずるい気がしますが、どうしてもシリコンを避けたいのであれば、しっかりと成分表を確認することが大切です。

成分表で「~コン」や「シプロ~」といった成分が入っているものはシリコン入りの可能性が高いです。
また、「コポリマー」「シロキ」といった成分も要注意です。ノンシリコンシャンプーといううたい文句だけで判断せずに、しっかりと成分表を確認することが欠かせません。

また、リンスやコンディショナー、ヘアケア剤などにも幅広くシリコンが使われているので、シャンプーだけをノンシリコンに変えても実はあまり意味がないこともあります。本気で脱シリコンをしたいなら、ヘアケア剤をくまなくチェックしなければいけません。

 

え?!実はノンシリコンなお手頃価格のシャンプー6選

シリコンシャンプーは髪にいいけれど、値段が高いのでずっと使い続けるのはしんどい…。

と思っていませんか?確かに、髪にいいものを選んで使おうとすると、多少値段が高くなってしまうのは事実ですが、実はお手頃なシャンプーでもノンシリコンのシャンプーが販売されています。

そのいくつかをご紹介します。

 

① コーセー サロンスタイル エアインムース

コーセー サロンスタイル エアインムース

ドラッグストアなどでも販売されていて、気軽に入手できるノンシリコンシャンプーです。

500mlのポンプ式で、600円~700円前後で購入できるというプチプラは魅力ですよね。
草木をあしらったボタニカルなパッケージはいかにも髪の毛に良さそうですし、ハーバルフローラルの香りが女子力高めのシャンプーです。

 

② 無印良品 石鹸シャンプーナチュラルタイプ

無印良品 石鹸シャンプーナチュラルタイプ

シャンプーというと、ドラッグストアやスーパーで購入している方が多いと思いますが、無印良品にも高品質なプチプラノンシリコンシャンプーがあるんです。
無印良品らしいシンプルで、清潔感のある真っ白なボトルが特徴のこのシャンプー。
400mlで741円という低価格も魅力です。オレンジオイル配合でさわやかな香りです。

 

③ コーセー ジュレームリラックスシャンプースリーク&モイスト

コーセー ジュレームリラックスシャンプースリーク&モイスト

ノンシリコンシャンプーというと、髪にはいいけど、洗い上がりがパサつくというイメージもありますが、この商品はバラや桃の葉、アプリコットシードなどから抽出した保湿成分を配合しているため、しっとりと潤いのある洗い上がりが評判です。
フルーティシャルドネの香りが女の子らしくて人気です。
500mlで900円前後で購入できます。

 

④ 牛乳石鹸 カウブランド無添加シャンプー

カウブランド無添加シャンプー

お肌に優しいことですでに評価の高い牛乳石鹸から、シャンプーも販売されているんです。
550mlで1,000円前後というお手頃価格ながら、ノンシリコン、着色料や香料なども一切使っておらず、髪や地肌に優しいシャンプーを追求した商品です。

 

⑤ ユニリーバ・ジャパン ラックス ルミニーク ゴールドオイルシャイン

ユニリーバ・ジャパン ラックス ルミニーク ゴールドオイルシャイン

450gで900円前後というお手軽さながら、ノンシリコンとは思えないつややかな髪の毛に仕上がると評判のシャンプー。ボトルのデザインもかわいらしく、バスルームに置いてあるだけで、なんとなくテンションが上がりそうです。泡立ちが良いので、シャンプーの際の摩擦によるダメージも抑えてくれます。

 

⑥ 株式会社Relux&Co オルジェノア ネオモイストシャンプー

株式会社Relux&Co オルジェノア ネオモイストシャンプー

真っ青なボトルがプチプラに見えないこちらのシャンプーも、もちろんお手頃価格の900円前後で購入できます。
ローズマリーやラベンダー、アロエベラなど植物由来の保湿成分をふんだんに配合していて、洗い上がりはしっとり滑らか。マリンフルーティの香りも人気の秘訣です。

 

 

いかがでしたか?

今さら人には聞けないノンシリコンシャンプーについてのアレコレをまとめてみました。

シリコン=悪者と思われがちですが、実はそうとも言い切れないようですね。
大切なことは、それぞれのシャンプーの特徴を知り、自分の髪の毛にあったシャンプー選びをすることです。ノンシリコンシャンプーは高いからとあきらめていた方も、実はお手頃価格なノンシリコンシャンプーもたくさんあるので、お近くの販売店などで探してみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

ノンシリコンシャンプーって何?

ABOUTこの記事をかいた人

ここちゃん

スリランカ産のキングココナッツの使い心地に惚れ込み、ココナッツオイルの良さをみなさんにお伝え出来ればと思っております。 ココナッツオイルの販売も行っております。