使うなら女性用育毛剤!進行する前にできる薄毛対策とその原因。

育毛剤使うなら女性用
LINEで送る
Pocket

薄毛、ハゲといった悩みは、男性特有の物というイメージがありませんか?

最近ではそうでもないようで、女性でも、薄毛に悩んでいるという方も増えつつあるようです。
今や女性の薄毛も他人ごとではありません。

ドラッグストアなどでも、女性用の育毛剤の販売コーナーがあるほどです。

それで、今回は、女性特有の薄毛の原因などについてまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください♪

 

薄毛が気になる女性は意外と多い?

薄毛というと、40代以降くらいの中年男性にありがちな悩み。
そんなイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

実際のところ、女性も、しかも20代、30代などの若年層の方でも、自分は薄毛かもしれないと、悩んでいる方が多くいます。とはいえ、やはり

薄毛=男性の悩み

というイメージが強いせいか、気にはなっていても積極的に誰かに相談したり、会話のテーマとして取り上げにくいという事もあり、薄毛に悩んでいる女性はますます

「自分だけ?!」

と悩んでしまうのです。

 

男性のように、頭頂部の髪の毛がほとんどなくなってしまったりすることは、女性の場合かなり稀ですが、それでも、全体的に髪の毛のボリュームがなくなってきたり、ハリやコシが以前と比べてなくなってきたと感じたり、分け目や生え際などの薄毛が目立ってきた、と感じる女性は多くいるようです。

髪の毛の美しさは、女性にとって服装やメイクと同じくらい重要なもの。
髪の毛のために、ヘアケア剤や、美容室など年間でかなりのお金をかけているのではないでしょうか。そ

れだけ、女性にとって、髪の毛は大切なんです。

 

そんな女性のニーズにこたえるように、「頭髪外来」と言って、髪の毛の悩みを専門で診断、治療などをする医療機関も最近は存在するようになってきました。

受信するのは男性だけでなく、女性もかなりの割合だそう。
医療機関で相談するほど、深刻に薄毛の悩みを抱えている女性もいるのです。

 

男女で違う?薄毛の原因

ひとくちに薄毛と言っても、男性の薄毛と女性の薄毛とでは、原因が大きく異なります。

男性の場合、男性ホルモンが大きく関係していると言われています。
そのため、一般的に男性の方が女性よりも薄毛になりやすいのです。また、女性よりも皮脂の分泌が過剰になりやすい傾向にあり、そのために頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまい、健康な髪の毛が育たなくなってしまうという事もあります。

一方で、女性の薄毛の場合、男性ホルモンの過剰分泌というのは割合としてあまり多くありません。
遺伝的に薄毛だったり、髪の毛以外の体毛が濃い場合などには、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまっている可能性もありますが、女性の薄毛の主な原因はほかにあります。

頭皮がボロボロになっている

最近の若い女性などで多いのが、ヘアカラーやブリーチ、パーマ、整髪料など、髪の毛のオシャレに気を使うあまりに、頭皮がボロボロになっているというパターン。

もともと持っている髪質や髪色を薬剤を使って強制的に自分好みに変えるわけですから、髪や頭皮にいいわけがありませんよね。

人間の細胞には自己再生能力がありますし、髪の毛もどんどん新しく伸びてくるので、少ない頻度であれば問題ではないのですが、あまりに頻繁に髪型を変えるとなると、頭皮に与える影響も大きくなります。

頭皮が健康でなければ、健康な髪の毛は育ちませんから、途中で切れてしまいやすい、もろい髪の毛が生えてきたり、すぐに抜け落ちてしまったり、髪自体が細くなってしまい、ボリュームダウンしたように見えてしまったりします。

 

過剰なダイエット

過剰なダイエットで、十分に栄養が摂取できていないことも薄毛の原因になります。
髪の毛の主な成分はたんぱく質です。

たんぱく質は、お肉や卵、チーズなどの乳製品、大豆などから摂取できますが、痩せるために食事量を減らして、たんぱく質の摂取も少なくなっていると、髪の毛の質が低下してしまうのです。

 

冷え性による薄毛

さらに、冷え性といえば、女性に多い悩みですが、それも薄毛に関係しているかもしれません。体全体が冷えてしまい、血行が悪くなると、血液の循環が悪くなります。

血液は、体全体に酸素や栄養素を運ぶという大切な役割をしていますが、その循環が滞るという事は、頭皮や毛根に十分な栄養素や酸素が運ばれなくなるという事です。そうすると、やはり髪の毛の質が低下してしまい、薄毛につながってしまうというわけ。

一見、薄毛にはあまり関係なさそうに見えるかもしれませんが、女性特有の生活習慣や体質などが、薄毛に大きく関係していることもあるのです。

 

女性の薄毛はまず血行促進で改善

わたしたちの頭皮には「毛母細胞」という髪の毛を作る細胞があります。その細胞が、血液から栄養素をもらって、新たな髪の毛を作るのです。
それが滞ると、髪の毛が伸びなかったり、中身がスカスカの髪の毛になってしまったりします。

なので、まずは頭皮の血行を良くすることから対策を始めてみましょう。

頭皮のマッサージ

まず簡単に始められるのが、頭皮のマッサージ。

特別な道具がなくてもすぐに始められますし、毎日2,3分でいいので、お風呂に入ったついでなどに行ってみてはいかがでしょうか。

やり方は、指の腹で頭皮を軽く刺激するだけ。
頭頂部から初めて、こめかみや、襟足のほうに向かって、軽く指圧します。

頭皮は顔の皮膚とつながっていて、とても繊細なので、力は入れずに、優しく行う事。そのあとに、頭皮全体を、指の腹でツンツンと刺激してみましょう。この際に、爪は絶対に立てないこと。頭皮をひっかいて傷をつけてしまうかもしれません。

お仕事上、髪の毛をキュッとまとめている時間が長い方もいると思います。
食品関係や医療関係のお仕事をしている方は、髪の毛を束ねないといけないと決まっているかもしれません。そんな方は、頭皮の血行がかなり悪くなっているかも。
薄毛が気になる前から、毎日の頭皮マッサージを習慣にするといいかも。

また、頭皮を温めるのもいい方法です。
軽く絞ったタオルを電子レンジで30秒ほど温めるとホットタオルができるので、触れる程度に少し冷ましてから、髪の毛全体を包むように巻いて、その上からマッサージ。

リラックス効果もあるのでおススメです。

 

頭皮の血行が悪くなる原因

意外と多いのが、肩こりや姿勢の悪さに起因するもの。

よく家族や友人などから猫背を指摘される人、肩こりに悩んでいる方は、自分で気づいていなくても、頭皮の血行が悪くなっている可能性あり。
意識的に、姿勢を良くして過ごすようにしましょう。

頭皮の健康だけでなく、背筋がスッと伸びると、見た目にも美しくなるので、慣れるまでは大変かもしれませんが、少し頑張ってみましょう。

オフィスワークなどで、一日何時間も同じ姿勢の方や、小さな赤ちゃんを抱っこしなければいけないママなどは、慢性的な肩こりに悩んでいる方が多くいます。定期的に首を左右に回したり、肩を大きく回して血行を促す、温湿布や首周りのストールなどを使って冷やさないようにするなどして対策をしてみましょう。

 

血行不良をセルフチェック!

実は、血行不良の自覚がなくても、血行不良の状態になってしまっているという方が多くいます。

血行不良になると、出やすい特徴や症状をまとめてみました。少しでも思い当たる方は、セルフチェックで確認してみましょう。

1.鏡の前であっかんべー

下まぶたを下に引っ張り、「あっかんベー」の状態でまぶたの内側の色をチェックしてみましょう。

健康な方は赤、もしくはピンクっぽい色をしていますが、血行不良や貧血気味の場合、白っぽかったり、肌色っぽかったりします。

日によっても違うので、時々チェックしましょう。

2.爪や舌の色

爪や舌は、本来であれば、ほんのりピンク色が望ましいとされています。

血行不良の場合、黒ずんでいたり、紫っぽくなったりします。
舌と同時に歯茎の色もチェックしてみましょう。

3.平熱が低い

平熱が低いと、血行も悪くなりがちです。

平熱が低いと基礎代謝も低下して太りやすくなりますし、免疫力も低下するので風邪をひきやすくなります。平熱が36度に達さない場合、血行不良かもしれません。

意識的に体を温めて、36度台後半くらいが理想的と言われています。

4.手足が冷たい

これも、血行不良の証拠。

冷たいものを触った直後などは、一時的に手が冷たくなりますが、基本的に手足はほんのり温かいはず。それが、いつも手足が冷たいとなると、血液の流れが滞っています。
心臓から遠い指先にはそれが顕著に現れ、ひどい場合には指先の感覚がなくなってしまうこともあります。

5.目の下のクマや、顔のくすみ

日焼けをしているわけではないのに、全体的に顔色が暗く見えるのは、お肌がくすんでいる証拠。古い角質が溜まっているなど、外面的な要素もありますが、実は体の内部で血行が悪くなっている証拠かも。

6.汗をかきにくい

運動をしても、すぐに汗をかかない人がいますね。

「汗染みができなくて助かる♪」

なんて喜んでいる場合じゃありません。
それ、血行不良の原因です。体質改善して、汗をかきやすい体にしましょう。

 

今回、血行不良の方の特徴を6つ紹介しましたが、当てはまるものがありましたか?

一つでも当てはまる場合には、血行不良の可能性があります。

全部当てはまる!

という方は、すでにかなり深刻な血行不良になっているかも…。

女性は、男性と比べ、全身の筋肉量が少ないので、血行不良になりやすいと言われています。体全体的に血行が悪くなっているなら、頭皮の血行も悪くなっている可能性が高いですね。

軽い筋トレを習慣にしたり、毎日しっかりと湯船につかったり、体を温める食材を意識的に摂取することによって、体質を少しずつ改善することは可能です。ぜひ、早めの対策を!

 

生活習慣改善と合わせて育毛剤で早めの対策を

血行不良が原因の薄毛は、生活習慣を見直すことでかなり改善することができます。

全身の血行不良を改善する

忙しいとお風呂を、シャワーで済ませがちですが、毎日少なくとも15分は湯船につかるようにしましょう。
お風呂の中で本を読んだり、音楽を聴いたり、いい香りのする入浴剤を使ってみたり、全身のマッサージをするなどして、リラックスする時間にしましょう。
最初は面倒に感じるかもしれませんが、習慣になると、楽しみな時間になるはずです。

食生活の改善

冷たい飲み物や、冷たいアイスなどが大好き!という方もいると思いますが、それでは体が冷えてしまい、血行もよくなりません。温かい紅茶や生姜湯、白湯などを飲むようにすれば、血行もよくなり、便秘も改善され、痩せやすい体になるなどいいことづくしです。

さらに、体の中で、臓器が集中し、最も血液が送り込まれている腹部をしっかりと温めることで、全身が温まり、血流がよくなるので、冷え性の方はこっそり服の下に腹巻をするといいかもしれません。

腹巻というと古臭いイメージですが、意外とかわいいデザインの大人の女性用の腹巻を販売していますよ。

 

このように全身の血行が良くなったら、後は頭皮マッサージを毎日少しずつ行って、健康な髪の毛を育てていきましょう。

 

最近多く販売されている女性用の育毛剤には、トウガラシや山椒などから成分を抽出した、血行促進効果のあるものが多いようです。

頭皮マッサージと並行して、育毛剤を使用すれば、より効果的ですね。
ただし、血行が改善されても、それが髪の毛に目に見えて効果が表れてくるのは、数か月先のことです。すぐに結果が出ないとしても、あきらめずに最低でも3か月は続けてみることをおススメします。

薄毛、ハゲなどは、男性特有の悩みで、自分には関係ないと思いがちですが、実は女性特有の薄毛の原因もあるんですね。
生活習慣のちょっとしたことを見直すだけでも大幅に改善できるかもしれません。
まずは、食生活や、毎日の習慣を見直してみましょう。

髪が素敵な女性は、それだけで美人に見えると言います。
毎日の積み重ねでもっと素敵な女性を目指していきましょう。

 

あなたの髪を綺麗に維持するために・・・
こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket