気になる抜け毛に!シャンプーの特性をしって抜け毛対策

952da6d1331b724975626578df93f914_s
LINEで送る
Pocket

シャンプーをするときに、たくさんの抜け毛が手に絡みついたり、排水溝に詰まっているのを見ると、なんだか悲しい気持ちになってしまいませんか?

抜け毛に悩むのは、なにも男性だけではありません。
女性だって、ストレスやダイエット、遺伝による体質などで抜け毛に悩むことも多いのです。

 

シャンプーの抜け毛はどのくらい?

一日のうち、最も抜け毛を目にするのはシャンプーの時ではないでしょうか。

特に、髪の毛の長い女性の場合、本数はそれほどではなくても、かなりの量の髪の毛が抜けているように見え、必要以上に気にしている方も多いようです。

正常な場合でも、人の髪の毛は毎日50本から100本ほど抜けています。

シャンプーのときに抜け毛が多く見えるのは、シャンプーによる摩擦や刺激で髪の毛が抜けているわけではなく、すでに毛根からは抜けていたものの、ほかの髪の毛などに絡まって落ちなかった髪の毛が髪から洗い出されるからです。

個人差もありますが、シャンプーのときには30~70本ほどの抜け毛があると言われています。

一本ずつ数えるのは難しいと思いますが、ロングヘアの場合、抜け毛の量が多いと心配していても、実は許容範囲内という事が多いようです。

急に抜け毛が増えてしまった、という事でもなければ、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

 

抜け毛を改善するためのシャンプー


それでも、抜け毛が気になったり、両親や祖父母の髪質などから「自分も将来薄毛で悩むのでは…?」と心配になったりすることもあると思います。

まずは、シャンプー選びから抜け毛・薄毛対策を始めてみてはいかがでしょうか。

抜け毛対策のためにシャンプー選びは対策

シャンプーは毎日するので、頭皮に与える影響も大きく、何年も自分に合わないシャンプーを続けていると、薄毛の原因にもなってしまうので、あなどれません。

 

高級アルコール系シャンプーのメリット・デメリット

一般的に市販されているほとんどのシャンプーがこの「高級アルコール系シャンプー」という種類に分類されます。

「高級」とついていますが、値段が高いという意味ではありません。
分子中の炭素の数で、5つ以下が低級アルコール、6つ以上が高級アルコールと分類されます。

高級アルコール系シャンプーのメリットは、値段が安いことと、高い洗浄力があることです。
しかし、頭皮の皮脂分泌量が男性と比べて女性は少ないので、高い洗浄力はかえって頭皮環境には逆効果になることが多く、抜け毛対策にはあまり適さないシャンプーです。

 

石鹸シャンプーのメリット・デメリット

石鹸シャンプーは使いやすいように、液体状に加工されボトルで販売されていることがほとんどですが、主成分は固形石鹸とほぼ同じです。

洗髪用だけでなく、顔やボディなど全身に使えるというメリットがあります。
お肌に低刺激で、アレルギーなどを起こしにくいと言われています。

しかし、人間の皮膚が弱酸性なのに対し、石鹸はアルカリ性なので、洗い上がりに髪の毛の表面がキシキシとすることがあります。
また、使いすぎると、髪の毛のキューティクルが痛み、ツヤのない髪の毛になってしまうこともあり、要注意です。

 

アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

アミノ酸シャンプーはその名の通り、アミノ酸が配合されているシャンプーです。

髪の主成分であるたんぱく質を作るのにも欠かせないアミノ酸を、食事からだけでなく、シャンプーで直接髪に補給することができるシャンプーです。

低刺激で頭皮に優しく、弱酸性なので、髪の毛がきしむことなくしっとりとした洗い上がりです。使い続けることで、髪の毛のツヤやハリがアップします。

いいことだらけのように見えるアミノ酸シャンプーですが、デメリットは洗浄力の弱さです。

皮脂分泌の多い男性の頭皮などでは、洗い上がりに物足りなさを感じるかもしれません。また、しっとりとした洗い上がりなので、髪がペタンとしてしまい、ボリュームが減ったように見えてしまうこともあるようです。

 

シャンプーを選ぶときには、香りや値段、口コミなどを見て選ぶことが多いと思いますが、抜け毛対策をしたいなら、様々なシャンプーの特徴を知って自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

髪の毛や頭皮の健康のためなら、安価な高級アルコール系シャンプーではなく、アミノ酸シャンプーなどの使用をおススメします。

今のうちから頭皮のことを考えたシャンプー選びをすることで、将来の髪の毛の量に差が出てきますよ!

LINEで送る
Pocket