紫外線に注意!気をつけるのは夏だけじゃないっ

LINEで送る
Pocket

1年の中でもっとも紫外線が多く降りそそぐ夏がようやく過ぎました。
9月に入り、空気はすっかり秋風。
陽射しもずいぶん和らいできましたね。

あなたのお肌は、夏の間に蓄積した紫外線ダメージで疲れ切っていることを実感されていると思います。
毎日のケアで紫外線ダメージをリセットして、秋冬の乾燥シーズンに備えましょう。

 

日焼け止めは、どんなタイプを使っていましたか?

日焼け止めを購入される時、何を気にされますか?
やはり紫外線カットレベルではないでしょうか。
商品に記載されている【SPF値】や【PA+++】などの表記があります。

SPFは、紫外線防御指数です。

UV-B波をカットできる力を示し、日焼けが始まるまでの時間がどの位かを知る目安になります。
SPFの数値単位は20分間程度の時間を1単位としますので、日焼け止めをつけない状態の肌よりも日焼け止めをつけた肌は20分程度の時間、日焼けを遅らせるという意味になります。

例えば《SPF20》と表示されていれば

20分×20=400分

つまり6時間弱は日焼け止め効果があるといえます。

ですから《SPF30》は、SPF値が高いほうですのでかなりの時間、日焼け止めクリームを塗りなおさなくても、日焼けしにくいでしょう。

【PA値】とはUV-B波をカットできる効果の指数で「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階があります。
「+」が多いほど日焼け止めの効果が高いです。

しかしながら、日焼けしにくい効果があるということは、それだけ肌に負担がかかっているともいえます。
日焼け止めの配合成分に紫外線吸収剤や紫外線錯乱剤が含まれていますが肌荒れや乾燥の原因になりやすいです。
ですから、しっかりとした量で肌を紫外線からガードした日の夜には、しっかりとクレンジングして日焼け止めクリームの成分を肌から除去するようにしましょう。

関連記事

「光老化」を知ってエイジングケアをする6つのポイント

敏感肌のための日焼け止め選びと使用方法の3つのポイント

 

日焼け止めは夏だけ?ちがいます!

紫外線は朝の8時ごろから強くなってくるといわれています。

その時間帯は洗濯やゴミ出しに外に出ることがあるでしょう。
このちょっとした時間の外出でも油断は禁物です。
日陰を歩いたとしても、地表から紫外線が反射しています。

室内でも紫外線

日中では室内にいても紫外線はガラスを通って私達の肌に降り注ぎます。

そして、紫外線が降り注いでいるのは晴れの日だけではありません。
曇っていても晴れの日のおよそ40%、雨の日でもなんと20%もの紫外線が降り注いでいます。

紫外線は天候や季節によって量は変化していますが、1年を通して発生していますので、年中 気を抜かないように日焼け止めで紫外線対策が必要になっています。

最近では、化粧をした顔の上から日焼け止めが塗付できるスプレータイプの日焼け止めローションがあります。
これですと顔だけでなく、髪にも軽くスプレーするだけで紫外線予防になります。

 

、顔と体のどの部分に塗っていますか?

日焼け止めクリーム

顔だけでなく、首筋も念入りに紫外線予防が必要です。
ケアを怠るとしわやシミ、湿疹が出やすい部分です。しわやシミは、紫外線の影響で肌が老化してしまった結果です。
年齢がでやすい部分でもありますので、日焼け止めクリームを顔に塗ったら忘れずに首筋にもぬりましょう。

忘れやすいのが頭部分、頭皮や髪です。
髪も紫外線からの影響を受け、パサツキや薄毛につながりますので、日焼け止めを塗付したほうがいいです。
日傘や帽子などで、直射日光から遮っていると思いますが、日差しが弱くなってくる秋冬のシーズンは、日傘や帽子は使用しない方が多いのではないでしょうか。
ですが、日焼け止めのクリーム状をそのまま髪につけるのは抵抗がありますよね。
スプレータイプはこういうときにもとっても便利です!
使いやすいだけでなく、バックに入れているだけで外出先でも職場でもいつでも気軽に利用することができますね。

 

まとめ

年間を通して日焼け止めが必要でありますが、肌への負担を考慮するには過ごす場所や塗り替えまでの時間によって、日焼け止めの効果指数を変えて使い分けるといいですね。

晴天時 長時間にわたって屋外で過ごす時…
屋外で1~2時間くらい過ごす時…
ゴミ捨てや洗濯物を干したり、ちょっとしたお出かけの時…

それから、面倒に感じると思いますが「日焼け止め効果がなくなる前にこまめに塗りなおす」
ことも、紫外線をしっかりとブロックするために意識して行われるといいでしょう。
小さな習慣がその後のあなたの肌に大きな結果を残します!!

紫外線は、頭皮環境にも悪影響を及ぼします。
最近、抜け毛や薄毛になやんでいるのであれば、こちらもチェックしてみて下さいね♪

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。