フケや頭皮湿疹は ”カビ” が原因!?薄毛・抜け毛にご用心!

頭皮のカビは抜け毛薄毛の大敵
LINEで送る
Pocket

フケが増えたり、頭皮の湿疹は頭皮トラブルの始まりです!

最近フケが気になるようになってきた!
頭皮にかさぶたみたいなものができてしまった!

こんな症状が現れている人はいませんか?
疲れが溜まっている、体調が悪いと感じている時に、ふと気が付くとこのような症状になっていることがあると思います。
特に体調不良を感じていなくても、たかがフケ・・・と思って放置していると、だんだん頭皮が炎症を起こし、ついにはそれが原因で薄毛や脱毛になってしまうことも?!

フケは頭皮の角質が剥がれ落ちたもので、通常、健康な時にも多少はありますが、気になるほどの量や大きさのフケは明らかに異常と思ったほうがいいでしょう。

 

多くは「脂漏性皮膚炎(湿疹)」

脂漏性皮膚炎(湿疹)

その症状の多くは「脂漏性皮膚炎(湿疹)」と言われています。

脂漏性湿疹と聞くとお子さんがいるご家庭でしたら聞き慣れていらっしゃるでしょう。
生まれて3〜4ヶ月位までの赤ちゃんの頃、皮脂の分泌量が多い為に頭皮にかさぶた状のモノができてしまったお子さんが多いのではないでしょうか。

毎日、沐浴していてもできてしまう赤ちゃん特有の症状で、オイルやワセリンなどを頭皮のかさぶたに塗ってふやかして自然に取れるようにされたと思います。

でも、大人の方と赤ちゃんの脂漏性湿疹は全く別モノと思ったほうがいいでしょう。
なぜなら、大人の方の症状の原因は、なんと《》だからです!!

 

フケや頭皮の湿疹は《カビ》が原因

体調不良で体の免疫力が低下している時に急激に増えるフケ。

このフケの原因はカビ!!

マラセチアと呼ばれている真菌なのです。
このカビの一種 マラセチア・・・実は常在菌といって常に私達と共生しています。
お部屋や空気中に存在するのではなく、増殖に脂質が必要なことから皮脂が多い部分、つまり顔や頭、手足に存在しているのです。
毎日、入浴や洗髪するなど清潔にしていても、マラセチアだけでなく、多数の常在菌がいるのです。

毎日の入浴

常在菌の存在は、体調が良い時には、体への影響は特にありませんが体調が悪い時、免疫力が衰えている時などは要注意です。

皮脂腺から分泌される皮脂が通常よりも多くなったりして、マラセチアも異常増殖するからです。
そうなると皮膚に炎症を引き起こす原因となり、刺激を感じたり、髪の生え際、頭部、耳の後ろなどの皮膚がポロポロと剥がれたり、頭皮にフケが急に増え、脂漏性皮膚炎へと進行していってしまいます。

フケを放置していると炎症してしまい、ついには薄毛や脱毛にまで進行してしまう理由がお分かりいただけるでしょう。

最近では、ペットの犬にもこのマラセチアが原因の脂漏性皮膚炎の症状が多いようです。
人からペット、ペットから人に移ってしまうのではなく、人間にも動物にも常在するごくあたりまえの菌なのです。

 

脂漏性皮膚炎になってしまったら・・・

まずは、お悩みのフケや湿疹が脂漏性皮膚炎かどうか皮膚科にて診断してもらいましょう。
治療には、塗り薬や飲み薬が処方されると思います。

痒みを伴うとついつい患部をゴシゴシ擦りたくなりますが、強くこすらないように注意しましょう。
また洗髪のシャンプーは低刺激のシャンプーを使うようになさるといいでしょう。

そして薬だけでなく食生活からの改善も同時に行うといいでしょう。
糖分の多い食品は控えて、コーヒーやナッツ、アルコールなど皮脂の分泌を促進させるような食品の摂取は控えましょう。

頭皮環境改善にビタミンBを摂取

ビタミンの不足は症状をさらに悪化させますので意識して摂取するように心がけましょう。
ビタミンBが豊富な食品はレバー、ほうれん草、豆類、魚介類、卵などがあります。
また、食物繊維の代表 イモ類や海藻もおススメです。

睡眠不足やストレスも症状をさらに悪化させますので気分転換をしてストレスフリーになるようにしましょう。
睡眠不足の時には、短時間の昼寝などで補うなど疲れを体に溜めないようにするといいですね。

 

脂漏性皮膚炎の原因《カビ》の異常増殖を防ぐために・・・

  • シャンプーをする時には、ちょっとぬるいと感じる38~40℃くらいのお湯を使う
  • 指の腹で頭皮マッサージするような感覚で頭の全体を揉みほぐす
  • コンディショナーは髪の先端から髪の長さ半分くらいまで。しっかりとすすぐ事が大事。
  • 洗髪後は、しっかりとタオルで髪の水分を取る
  • ドライヤーで頭頂部から髪先に向かってしっかり乾かす
髪の毛の水分をしっかりととる

洗髪や洗顔の時に熱いお湯の方が汚れが落ちやすいと思い、そうされている方がいらっしゃいますが、熱いお湯は皮膚に刺激を与えるばかりでなく、乾燥しやすくなります。
ぬるま湯でも十分です。

頭皮をゴシゴシ擦ってしまうと皮膚の炎症の原因にもつながります。

爪を立てて洗髪するのではなく、指の腹を使って、頭皮を動かすように揉みほぐしましょう。そうすることで頭皮の血流がよくなり、老廃物の排出や、正常な皮脂分泌を促します。

コンディショナーの使いすぎは毛穴を詰まらせ、皮脂分泌がうまく働かなくなり、皮脂が詰まる原因にもなります。少量を毛先から髪の半分の長さ位までつけるだけでも十分な効果が得られます。

頭皮や髪の根元にコンディショナーがつかないように注意しましょう。

洗髪後のタオルドライは髪同士を擦ってしまうとキューティクルがはがれ、紙の儀表面がぱさつく原因になります。押さえるように優しく行いましょう。

髪が乾ききらないうちにドライヤーでしっかりと乾かしましょう。乾かし方は頭頂部から毛先方向に向かって乾かすとキューティクルが開いて、髪のパサツキや乾燥してしまうのを防ぎます。

LINEで送る
Pocket

頭皮のカビは抜け毛薄毛の大敵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。