ヘアケアや頭皮ケアに重要なブラッシング効果を高める5つのポイント

LINEで送る
Pocket

ヘアケアや頭皮ケアに重要なのがブラシです。
1日に何回ブラッシングしていますか?
何気なく使っているブラシの効果的な使い方を5つ紹介します。
簡単に試せることばかりなので、やってみて下さい。



 

シャンプー前のブラッシングで健康な髪に!

シャンプー前のブラッシング

ブラッシングはスタイリングやツヤ出しの他、髪や頭皮にクレンジング効果があります。
髪をブラッシングすることで髪の小さな汚れを落としながら、頭皮の汚れを浮かせてくれます。

ブラッシングの刺激は頭皮の血行も促進して、育毛効果が期待できるようになります。
髪を洗う習慣がなかった江戸時代末までは、髪をブラッシングして汚れを落としていました。

シャンプー前のブラッシングは、今も取り入れたいヘアケアの習慣です。

 

髪に良いブラシの選び方は?

良いヘアブラシを選ぶ

ブラシの素材はナイロン素材や獣毛製では豚毛や猪毛がおすすめです。
柔らかく、しなやかな素材を選ぶと髪や頭皮を優しくブラッシングできます。

おすすめしない素材は、静電気を起こすプラスチック素材です。

ブラッシングで起こる静電気がパサつきの原因になるので避けた方が素材です。

 

パサついた髪のブラッシング前ケアは?

ココナッツオイルでヘアパック

乾燥してパサついた髪には毛先にココナッツオイルを付けてからブラッシングします。
固形のココナッツオイルなら、電子レンジで温めて適量を使います。
ブラッシング前にオイルを付けると髪の滑りを良くして、切れ毛や枝毛から守ってくれます。

ブラッシングの順番は

1 . 毛先
2 . 毛の真ん中
3 . 根本

の順番でブラッシングしてきます。

根本からブラッシングをすると毛が絡まる原因になります。
髪の毛が長い人も短い人も、毛先からブラッシングをしていきましょう。

ブラッシングで静電気がひどい場合は静電気防止スプレーをしてから、ブラッシングしましょう。
静電気は髪が傷む原因になります。
スプレーの一吹きで髪のまとまり違います。

つやがある健康な髪を目指すななら、静電気を抑えるスプレーは重要なアイテムです。

 

ブラッシングすることで小顔?!効果が得られる?

顔と頭皮は一枚の皮膚で繋がっています。
ブラッシングで頭皮の血行を良くすることは顔の血行も良くなります。
頭皮の血行が良くなると、顔の血行も良くなるんです。
顔のむくみ解消も期待できるという話しもあります。

パソコンやスマホの画面を長時間見る生活で顔色が悪くなったと感じたらブラッシングです。

 

血行促進によいブラシの形状は?

毛がつまり過ぎていないもので、ブラシの先が尖っていないものがベストです。
ブラシに弾力がない素材は頭皮への当たりが強いのでマッサージにおすすめしません。

ブラッシングのタイミングは髪が濡れている時はNGです。
キューティクルを剥がしてしまうので良くありません。
乾いた髪にブラッシングするようにして下さい。

正しいブラッシングを知って、効果的なブラッシングで髪と頭皮を健康に保ちましょう。
血行を良くすることで、顔色が明るくなり、顔のむくみを取る効果も期待できそうです。



LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ここちゃん

スリランカ産のキングココナッツの使い心地に惚れ込み、ココナッツオイルの良さをみなさんにお伝え出来ればと思っております。 ココナッツオイルの販売も行っております。