未来を決める!頭皮ケアの基本ポイント8つ

LINEで送る
Pocket

ヘアケアは頭皮ケアからです。

その理由は栄養がある大地に、大輪の花が咲くように髪の毛も同じです。
健康な頭皮になれば、ヘアケアの効果も上がり髪がきれいになります。

頭皮に効くケア方法を紹介したいと思います。

 

シャンプー前のブラッシングが重要!

シャンプー前のブラッシング

頭皮の汚れをしっかり落とすには、シャンプー前のブラッシングが大切です。

髪を洗う前にブラッシングをしていますか?
ブラッシングをすると髪の絡まりがなくなり、シャンプーが頭皮に届きやすくなります。

シャンプーの泡立ちも良くなるので、少ないシャンプー量で洗うことができます。

 

シャンプー前の保湿も大切

シャンプー前のオイルマッサージで乾いた髪の汚れを落とし保湿をします。
オイルなら何でも良いですが、ココナッツオイルがあるとベストです。
固形のココナッツオイルなら、適量を電子レンジで温めて下さい。

 

ココナッツオイルを使った、頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージとヘアパック

頭皮全体にココナッツオイルを塗って後、ラップを髪に巻きます。
その上に蒸しタオルを巻き、シャワーキャップを着けて10分から20分待ちます。

最後に時間があれば頭皮マッサージをします。
その後はシャンプーでオイルをしっかり落とします。

オイルが頭皮の油汚れを落としやすくしながら、保湿もしてくれます。
頭皮が乾燥していると感じたら、週に1回くらいのペースで試して下さい。

ココナッツオイルを使用したマッサージ、ヘアパックのやり方はこちら

 

お湯の温度も大切なのですっ

ヘアケアはお風呂の温度も大切

頭皮を洗うお湯の温度は38度くらいがベストです。

頭皮を洗うお湯の温度を熱くしていませんか?

お湯の温度が熱すぎると、頭皮への刺激が強すぎて頭皮が荒れる原因になります。
手で触ってぬるいと感じるくらいの温度で洗いましょう。

シャンプー前のお湯洗いで、汚れの8割くらいを落とすことができます。
髪を濡らすだけでなく、頭皮を洗うという気持ちでお湯洗いをしましょう。
指の腹を使って、丁寧に洗えば、シャンプーの泡立ちも良くなります。

 

シャンプーは泡立てから使う

シャンプーは泡立ててから

シャンプーを地肌で泡立てていませんか?
頭皮はデリケートなので、手で泡立てから頭皮を洗いましょう。

 

ぬるめのお湯でシャンプーをすすぎます

マッサージしながらシャンプー

頭皮全体を指の腹でマッサージしながら、すすぎます。
シャンプーが残るとかゆみや湿疹の原因になるので、しっかりすすいでください。

 

シャンプー後のケア

シャンプー後のケア

オイルマッサージをする時間がない場合、シャンプー後髪にオイルをつけます。
オイルは何でも良いのですが、ココナッツオイルがあるとベストです。

ココナッツオイルを適量使います。
固形のものは電子レンジで温めて下さい。

成分から見るココナッツオイルの良い7つのポイント

 

オイルトリートメント

ココナッツオイルでオイルマッサージ

使い方は簡単で、洗い流さないトリートメント的に使います。
シャンプー後、濡れている髪にココナッツオイルをつけて乾燥します。
つけ過ぎると髪が汚れてべたっとしているように見えるので、少しずつ使って下さい。

乾燥している髪に使っても良いので、まとめ髪にする時に使うのも良いと思います。

 

ココナッツオイルを使った頭皮ケアはいかかでしたか?

手軽に家にあるものを使った頭皮ケアで、健康な頭皮に近づけます。
週に1回のケアが髪のコンディションを良くするポイントです。

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ここちゃん

スリランカ産のキングココナッツの使い心地に惚れ込み、ココナッツオイルの良さをみなさんにお伝え出来ればと思っております。 ココナッツオイルの販売も行っております。