熱中症とかくれ脱水

熱中症の症状
LINEで送る
Pocket

熱中症というと、頭痛や吐き気などの症状を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそのような症状は体内の水分不足、いわゆる脱水症による症状のことが多いのです。
そして、症状が出る前の「」をしっかりと対策することにより、熱中症の発症リスクを大幅におさえることができるのです。

 

かくれ脱水ってなに?

体温を下げるために大量に汗をかいたり、風邪などにより嘔吐や下痢などの症状が続くと、体内の水分量が急激に減り、脱水症状となります。しかし、水分量が少し体内から減ったくらいでは、のどの渇きを感じる程度で、すぐにこれといった症状は出ません。

自分でも、体調不良を感じるほどの脱水症はある程度進行したものなのです。

本当は体内では水分が不足しているのに、本人にその自覚がないため、必要な水分補給などが行われず、そのままになっている状態を「かくれ脱水」と言います。

 

夏バテの原因?かくれ脱水

夏になると、なんとなく全身に倦怠感があったり、食欲が出なかったりします。

夏バテはかくれ脱水が原因?

そんな症状をいわゆる「」といい、多くの人は気温の高い夏の気候に体が順応できないためにおこる症状だと軽く考えていますが、その原因もかくれ脱水かもしれません。
自分では、水分不足だという自覚がないため、ダラダラと症状を長引かせてしまうのです。

汗をかくと、体液の量が減るので、胃や腸などに送られる血液量も少なくなります。すると、食べ物の消化吸収が効率よく行われなくなり、栄養不足のような状態になり、疲れやすくなります。
そうすると、ますます食欲がなくなり、血液量も減少…。

一度この悪循環にハマってしまうと、なかなか抜け出しにくくなってしまうのです。

 

脱水症からくる熱中症

熱中症の症状の原因の一つが、脱水症です。

体温を下げるために、体は大量の汗をかきます。そのため、体内の水分が減ってしまい、結果的に全身の血管を流れる血液量も減ります。そうすると、体の隅々にまで十分な酸素や栄養素が送り込まれなくなります。

脳にしっかりと酸素が届けられないと、めまいや立ちくらみなどの原因になりますし、各種臓器も血液不足により正常に働くことができないと、色々な症状が出ます。

また、水分不足で汗をかけなくなると、ますます体温調節ができなくなり、体温が上がる原因にもなりとても危険です。

 

熱中症は長距離運転でも起こりやすい

意外にも、長距離運転のドライバーさんが熱中症を発症しやすいと言われています。
運転に限ったことではありませんが、何かに集中すると水分補給がおろそかになってしまいがちです。長時間、高速道路などを運転していると、気づくと何時間も水分を口にしていなかったという事も。
また、自由にトイレに行ける環境ではないため、水分をあまりとらないようにしているというドライバーさんもいます。

その一方、窓を閉め切った車内は、風通りが悪く、直射日光により高温になりやすいという熱中症になりやすい条件がそろってしまうのです。

夏の長距離運転では、意識的に水分を補給すること、窓を開けたりエアコンを使用するなどして、高温多湿の状態にならないようにすることなどを意識し、2時間に一度くらいは休憩をはさみながら行いましょう。

 

日常生活で気をつけておくこと

炎天下の屋外や、スポーツをしているときには、意識的に水分摂取している方も多いと思いますが、屋内にいる時や、睡眠時などにかくれ脱水になりやすいと言われています。

脱水症の予防はこまめに水分をとる

室内にいる時でも油断せず、しっかりと水分補給することを意識しましょう。
夜中にトイレに行きたくないから、と夜に水分を取らない方もいますが、これも危険です。夜間も人間の体温調節機能はフル稼働で、体温を下げるために汗をかき続けています。それなのに、寝ている間は長時間水分補給をすることができないので、翌朝起きた時には体内の水分がすっかりなくなりかくれ脱水になっていることもあります。

夜寝る前、また、朝起きた直後の水分補給は毎日の習慣にして、かくれ脱水を予防しましょう。

水分補給を効率良く行なうには、どんな食材や飲み物がいいんでしょうか?

意外にも子供の時によく飲んでいた、あの飲料が熱中症に向いてたりするそうですよ。

熱中症対策に効果的!猛暑をのりきるための対策を伝授

2016.08.01

 

自分では気づいていないけど、実は体内では水分が不足している、そんな状態のかくれ脱水の時点で、しっかりと対策をすることができれば、熱中症のつらい症状が出るリスクを大幅におさえることができます。

そのためには、こまめな水分補給が欠かせません。
また、水分だけでなく、塩分も一緒に取ることで体内の電解質のバランスを保つよう心がけましょう。

毎日の予防で、今年の夏も健康に乗り切りましょう!

LINEで送る
Pocket