ホント!?食べるコレステロール制限は意味がないっ??

コレステロール制限は意味がない?
LINEで送る
Pocket

肝臓内で作られるコレステロールに注目!!

肝臓は、何を材料にしてコレステロールを作っているのでしょうか?

それは、脂質、糖質、たんぱく質が主材料です。
つまり、どんな食事を食べているかが、やはり大事になってくるのです。

2つのコレストロールの働き

コレステロールはよく知られているように、2種類あります。
善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)です。
かつての健康診断では、総コレステロール値しか計測されませんでしたが、最近では、この2つのコレステロール値がそれぞれ正常値よりもどの程度であるのかも詳しく検査されるようになりました。

それによって、各コレステロールが、体内での機能をうまく働かせているのかを診断しています。

善玉コレステロール(HDL)

血液中の不要な悪玉コレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きがあると言われています。
細胞壁に沈着したコレステロールも回収することで動脈硬化を予防に期待。

悪玉コレステロール(LDL)

肝臓から全身にコレステロールを運ぶ働きがあると言われています。

血管壁に入りコレステロールを全身に運搬しているが、運搬するコレステロールが増え、細胞に必要がないコレステロールは細胞壁に沈着し、動脈硬化を引き起こしてしまう。そのため悪玉コレステロールと呼ばれている。

どちらのコレステロールも、存在不可欠な役割があり、2つのコレステロールのバランスが崩れると病気を引き起こすのです。

脂っこいものばかり食べていると悪玉コレステロールが増え、反対に善玉コレステロールが多く、悪玉コレステロールが少ない方が血管の病気を引き起こしにくいといわれているのがお分かりいただけたでしょうか。

ですから、悪玉コレステロールよりも善玉コレステロールが低くなると、心筋梗塞や脳梗塞を発症のリスクが高まりますので注意が必要です。

番組では、肝臓で生成されるコレステロールの主な材料である【脂=】に着目して、肝臓にとって良い油は何か?を紹介していました。

 

身体に良い!
肝臓のコレステロール生成に効率的に働く油

肝臓にとって良い油とは、どんな油がいいのでしょうか?
オリーブ油、亜麻仁油、エゴマ油、シソ油、魚に含まれるDHA・EPAなどが挙げられます。

つまり、バターやラード、マーガリンやショートニングのような飽和脂肪酸・トランス脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸を多く含むオメガ3の食材を積極的に摂取するのです。

このような油を、食事の調理段階から使うことで、善玉コレステロール値は下げずに悪玉コレステロール値を下げることができます。

私たちの身体の細胞のほとんどは水分ですが、水分を除いた成分の半分以上が脂質です。
質の良い脂を摂ることで、コレステロール値や細胞が安定し、血管の病気のリスクを低下の期待がもてます。

コレステロール値低下にオリーブオイルなど

 

このあとによく読まれている記事

最近わかった紅茶の驚きのパワー2016

2016.02.25

飲む点滴といわれる ” 甘酒 ” の米麹が健康ダイエットに向いている7つのポイント

2016.02.03

酵素ダイエットが健康的であるそのワケは!?

2016.01.21

40歳からお悩み急増中の白髪!自宅でこっそりマル秘対策アイテム

2016.01.13

本当は教えたくない!ココナッツオイルの7つの秘密

2015.06.08

コレステロールまとめ

普段、料理する時に、どんな油を使っていますか。
スーパーで値段が安価なオイルよりも、ちょっと普段使いには値段が高い亜麻仁油、エゴマ油、ココナッツオイルなどがブームになっていましたが、自分が口に入れた油から細胞、身体ができているとわかれば、納得いきますよね。

質の良い油は、健康な体を手に入れるだけでなく、細胞レベルからキレイになるので、美容からみても肌や髪のツヤやハリが出る効果があります。

健康診断のコレステロール値の結果を見てからではなく、今これからでも、良質の油生活!はじめてみませんか。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。