ホント!?食べるコレステロール制限は意味がないっ??

コレステロール制限は意味がない?
LINEで送る
Pocket

健康診断に行くと、とくに体の不調もなく健康だと思っても、その結果が気になりますよね。

思いがけず「悪玉コレステロール値が高い」とか「高コレステロール値なのでコレステロールの値を下げるような食事にする」などコレステロール値について指摘されたことはありませんか?

コレステロール値が高いというのは、比較的、年齢が高い方にみられる印象です。
でも、年齢にかかわらず生活習慣や食生活の乱れ、ストレスからコレステロール値が高くなることもあります。

コレステロールが正常値よりも高かったり、または低すぎたりすると、自分では健康体!と自信を持っていた方でも、やはり心中穏やかではいられないでしょう。
でも、現状の状態の生活習慣のままでいると、その後どうなると思いますか?

コレステロールの異常値がさらに進み、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞など命が危険な状態になる病気を引き起こしかねません。

今回は、体内コレステロール値を適正にするための改善方法で見過ごしされがちな食用油について、テレビ番組で紹介していた内容をお伝えいたします。

 

コレステロール値を下げるための食生活は?

コレステロールを下げるといっても、コレステロールには2種類あります。
善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)です。

特に数値を下げる必要があるのは、悪玉コレステロール(LDL)で、以下の方法が挙げられます。

コレステロール値を下げる方法

  • コレステロールを多く含む食品を摂らないようにする
  • コレステロールを下げる食品を積極的に摂るようにする
  • 運動する
  • サプリメントを摂取する
  • 薬を服用する
コレステロール低下に運動は大切

コレステロールを多く含む食べ物とは?

コレステロールの多い食品でまず名前が挙がるのは、『卵』ではないでしょうか。
『卵』は、全卵よりも卵黄部分の方がコレステロール含有量が3倍以上高くなります。

日頃、口にする機会があるもので、コレステロールを多く含む食べ物はこれ!

  • いくら
  • ウズラの卵
  • 鰻の肝
  • 焼きたらこや生たらこ
  • しらす干し
  • するめ

他にもまだありますが、卵や魚卵、肝や内臓ごと食べられる魚などに多く含まれているので、普段の食事で量を調節しやすいですね。

いくらはコレステロール低下の敵?

コレステロールを下げる食べ物とは?

ずばり、青魚です。

イワシやサバ、サンマなどを食べることで頭が良くなる!記憶力がUPする!とよくいわれていますよね。
青魚の成分に含まれているのがDHAやEPA(オメガ3脂肪酸で油の1種)。
この魚の油がコレステロール値を下げ、中性脂肪を減らすといわれているそうです。

他にはこんな食材があります。

  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • オリーブ油
  • チアシード
  • 米油
  • 牡蠣
  • しいたけ
  • 納豆
チアシードがコレステロール値を下げる?

でも、これらの食材を摂取するだけでコレステロール値が下がると、油断するのは禁物です。
最近、ある研究によると、驚きの新事実がわかったのです!

 

食事によるコレステロール制限は意味がなかった?!

テレビ番組『バイキング』の健康新常識の一つとして、今までの常識をひるがえす驚くべき事実として紹介がされていました。

コレステロールが気になるからといって、コレステロールを多く含まれる卵やイクラを控える人がいますが、そういった食事制限はあまり意味がないというのです。
それは、こんな研究が公表されたからです。

2015年5月に日本動脈硬化学会が、コレステロール値が高い食品を控えてもあまり効果がないという研究結果を発表しました。

それ、どういうことなのでしょうか?

体内の計測されているコレステロール値は、すべて摂取している食べ物から…と思われがちですが実は、すべてが食べ物からの数値ではないからです。

体内のコレステロールの構成比

食事から摂るコレステロール→10~20%、
肝臓から合成し作られたコレステロール→80~90% 

体内のコレステロールの構成比率をみると、食事からの摂取はだいたい2割程度なのです。

1日の食事から摂るコレステロール量は、大人で約0.3g~0.5g、体内で合成されるコレステロール量は約1~5g といわれています。
血液検査でのコレステロール値は、ほとんどが体内でつくられているコレステロールなのです。

コレステロールは、低ければ低いほうがいいのかといえば、そうではありません。
コレステロール値が正常値より低ければ、いずれ体の免疫力が低下し、ガンや脳卒中、肝硬変などの病気にも影響する恐れがでてきます。

『コレステロールは身体の生命維持にとって必要な成分』なので、正常の範囲内でコレステロール値を維持することが大切になってきます。

食事のコレステロール+肝臓内で作られたコレステロール
    ↓
体内の細胞膜やホルモン、消化液の成分になる

体内のコレステロールは、食べ物から摂取分だけでなく肝臓で作られたものが8割を占めています。
もし、コレステロールが高い食事を摂取しても、身体が健康な状態であれば、コレステロールを体内で一定量に調節する機能も備わっています。

だからといって、なんでも気にせずに食べてもいいというわけではありません。
コレステロール値の高い食品を食べないようにするだけでは、コレステロール値を完全に下げることはできないことに気づかれたと思います。

では、どうすれば効率よくコレステロールを下げることができるのでしょうか?

それには、肝臓のコレストロールを調節すること、つまり肝臓のコレステロールを合成させにくい食生活がカギになってくるのです。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。