最近わかった紅茶の驚きのパワー2016

紅茶の健康効果

普段、ホッと一息つきたい、そんな時には何か飲まれていると思いますが、何を飲んでいますか?
緑茶??それともコーヒー?でしょうか。

何か飲むと、なんとなく気持ちが落ち着いてきますよね。

忙しい時は、とくに気持ちが焦っていたりするので自分好みの1杯のドリンクがあれば、香りや味から、少しの時間でもリラックスできると思います。
慌しい気持ちをリセットしたり、これからすべきことに対して自分に気合を入れたりするなど、気分転換できます。

紅茶は、世界中で生産されるお茶のなんと8割を占めていて、世界中のティータイムは紅茶が主流というほど世界中の人たちに楽しまれているそうです。

今回は、この紅茶に関して、テレビの情報番組『バイキング』で紹介されていた最近わかった紅茶と健康についての新事実についてご紹介したいと思います。

 

おいしいだけじゃない、紅茶と健康予防の関係

紅茶は体にとって様々な効果が期待されているのはご存知でしょうか。

  • 口臭予防
  • 血圧上昇をおさえる
  • ガンの抑制
  • 動脈硬化の進行をおさえる
  • アレルギー予防
  • ダイエット効果
  • 抗菌作用(食中毒、水虫など)
  • 消臭効果

このように、紅茶には色々な効能があるといわれています。
番組では、森田医師がインフルエンザ予防と口臭予防についての実験結果を伝えていました。

紅茶とインフルエンザ予防

 

インフルエンザの感染実験

インフルエンザウイルスの感染に関する実験が行われました。
インフルエンザを培養した細胞を使って、紅茶がこの培養細胞に対してどんな働きをみせるのかを調べた実験です。

一つは紅茶の中にウイルス培養細胞を入れたもの、もう一つは紅茶が入っていないものにウイルス培養細胞を入れたものを用意し、インフルエンザウイルスの細胞内での繁殖を比較しました。

実験結果は、紅茶が入っていた方はウイルスが繁殖せず、紅茶が入っていなかった方はウイルスが繁殖している結果になりました。

つまり、紅茶の成分がインフルエンザウイルスを死滅させたのです。

 

紅茶によるにおい成分のおどろくべき消臭効果

現在、いろいろな研究などによって紅茶の消臭効果が認められています。

キリンビバレッジ紅茶とくらし研究所による研究は、「水と紅茶では、どちらがどれだけにおい成分が消臭されるか」の実験でした。

あるニオイ成分を水や紅茶で洗ってから、ニオイ検出装置を使って、どれだけニオイが残っているかを数値で測定しました。

水で洗った場合・・・

100%の数値が測定。
ニオイ成分が全く取れなかったことがわかります。

紅茶で洗った場合・・・

7.8%の数値測定。
ニオイ成分が紅茶によって減少したことがわかります。これは緑茶よりも強い消臭効果がある結果がでました。

紅茶による消臭効果

 

毎年必ず猛威を振るうインフルエンザや、消臭効果があるなんて意外でしょうか?
次のページでは、最近わかった驚きの紅茶パワーについてお伝えしたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。