美肌の為のゴールデンタイムを知って、寝ているだけで美肌を手にいれる?!

睡眠のゴールデンタイムは?
LINEで送る
Pocket

美しい肌は睡眠をうまく利用することによって作り上げることが出来るのです。

一昔前に言われていた説は夜の22時から2時までがゴールデンタイムであり、その時間に睡眠をとることによって美容に良いということでしたが、現代人にとって22時に就寝することはかなり難しくなっていると言えるでしょう。

 

本当に22時から2時までの間がゴールデンタイムなのでしょうか?

睡眠のゴールデンタイムは?

昔はそのくらいの時間帯に寝る方が多かったという理由で定義されていましたが、睡眠のゴールデンタイムは実際は寝付いてから3~4時間の間のことを言うのが最近有力になっています。

この時間帯に成長ホルモンがたくさん分泌されます。

成長ホルモンの分泌が良いほど、肌のハリやみずみずしさをキープすることが出来ると言われています。
それ以外にも肌のターンオーバーを促進させて古い角質を落としやすくして新しい肌細胞を作り上げることが出来ますから、若々しい肌を保つことが出来るのです。

 

成長ホルモンは、天然の美容液

成長ホルモンは別名で天然の美容液とも呼ばれていますから、睡眠を上手に利用することが美肌作りには大切になると言っても過言ではありません。
例えどんなに上質な化粧水や美容液を使用していても上質な睡眠がとれていないと、肌を内面から美しくすることは不可能なのです。

良い睡眠がとれないとホルモンバランスも乱れ始めてエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌も上手にできなくなりますから、エストロゲンが減少することによって肌が荒れてしまったり乾燥してしまうのです。

睡眠が肌の質を高めます

睡眠がとれないと美肌に大きな関わりがある成長ホルモンと女性ホルモンの分泌がうまくいかず、肌のターンオーバーを起こすことも出来ずに新しい肌に生まれ変わることができません。

美肌を目指すならば十分な睡眠をとることから始めましょう。

 

基本は22時〜23時の睡眠がベスト

美肌の睡眠ゴールデンタイム

やはり早寝早起きをしているほうが美容や健康に良いのは間違いありません。

有力な説から考えると、“入眠から3〜4時間が肌のゴールデンタイムになるわけですから、

可能なら22時、23時くらいに寝られるとベスト!遅くても日が変わるまでにはベットにはいる!

と考えておいた方がいいですよね。
いくら3〜4時間後だから、睡眠は何時でも良い!と思っていても、その前に、起床時間を迎えては意味がありません。

また、人間は太陽の光で、体内時計を整えています。
いくら次の日に、ゆっくり寝られるからといって、太陽の時間を無視して睡眠をとるのは、美容・健康面から見てもけしてプラスにならないでしょう。

入眠直後に熟睡するためには、ベッドに入る2〜3時間前に半身浴、入浴などをして身体を温め、やや体温が下がってきたあたりでベットに入るのをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

睡眠のゴールデンタイムは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

ここちゃん

スリランカ産のキングココナッツの使い心地に惚れ込み、ココナッツオイルの良さをみなさんにお伝え出来ればと思っております。 ココナッツオイルの販売も行っております。