本当にダイエットを成功させたいなら、押さえておくのはGI値。

LINEで送る
Pocket

ストレスフリーのダイエットはGI値食の知識を活用

GI値食の知識を活用したダイエットは、カロリーのみにこだわった手法に比べて、自由に食材が選べて、なおかつ栄養が偏りにくいのでストレスも抑えられると思います♪

家族やお友達と食卓をともにする時にも、制限が少なくなるので一緒のメニューを選べちゃいます!!

さらにここに、低カロリー食の考えも入れることで、より効率的なダイエット食卓が実現しますよ♪

 

低GI値食と高GI値食の使い分け

ダイエットや生活習慣病の予防と改善のためには、基本的には低GI食がオススメですが、状況に合わせて高GI値食も使い分けすることが大切だと思います。

低GI値食が有効なケース

① スポーツを始める1〜5時間前

この時間帯に食事を低GI値食にすると、血糖値上昇が穏やかで、インスリンの過剰分泌を誘発しません。
つまり、血中に糖質が残り、それをエネルギーとして利用させながら、同時に体脂肪を継続的に燃焼させることによって、糖質、脂質の両方を効率よく持続的に燃焼させることができる状態をつくれます。

特に長い時間に及ぶスポーツの前の低GI値食は、エネルギーを、長持ちさせる上で有効なんです♪

② ダイエット中、生活習慣病の予防、改善を指摘された場合

 

高GI値食が有効なケース

① スポーツの直前の栄養補給

スポーツの直前には、ブドウ糖錠剤を飲んだり、15分程度で吸収できる糖質を含む高GI値食品を少し食べたりすることで、スポーツ中の血糖値が高まり、運動効果をアップさせます♪


② マラソンなどの長時間におよぶスポーツ中に行うエネルギー補給

運動をそのままよい状態で持続するための栄養補給には、高GI値飲料がオススメです。
(運動中の高GI値食にはインスリン分泌に影響しません)

 

③ 風邪を引いて体力が低下しているとき

吸収が早くて消化されやすい、素うどんなど高GI値食がオススメです。

 

④ 幼児期

柔らかで吸収が早くて栄養価も高い、高GI値の食品が向いています。

 

「食欲」との本当の付き合い方

多くの人は、幼い頃から12時〜13時に昼食時間が設定されている学校に通い、そのリズムが身についていると思います。

「昼食は12時」のパターンを固持して、そこから抜け出せず、そしてその事実に気づいていないのでないでしょうか。


認知性食欲という言葉を聞いたことがありますか?

人が食事を食べ始める動機として実際は、“ランチタイムだから” とか “おいしそうな食べ物の話、においに誘われる” といったケースが大部分です。

このように、無意識に認知、嗜好、経験、学習、記憶などに関与して食欲を導く過程のことを認知性食欲と呼びます。

ダイエットでは、この認知性食欲のコントロールがキーポイントとなります。

太りやすい人は、満腹中枢の働きが鈍い上に、認知性食欲が強く影響し、必要のないタイミングで必要のない食欲を発生させ、過食を引き起こしている傾向があります。

さらに、仕事などで忙しい生活を送っている人は、「食事が不規則だからダイエットがうまくいかない」と思ったことがあるかもしれません。

これが、“決まった時間に食事を摂取しなければならない” という幻想が原因となり、ダイエットの失敗を招いているケースになります。

 

例えば、11時~19時が勤務時間の場合、朝食9時〜10時、昼食14時〜15時、夕食21時〜22時が、適正な摂取時間となります。

勤務時間が毎日違う場合は、起きた時に朝食、その5時間後に昼食、7〜8時間後に夕食というパターンで1日のリズムをリセットできます♪

生活リズムは人それぞれで、そのリズムに合わせて必要なときに、必要なだけの食事(補給)をするようにすれば、食後に分泌されるホルモンや脳内の食欲調整が正常に作用して太りにくい体へと導いてくれます。

 

いかがですか?
GI値を考えて、食材、料理を選ぶだけでもダイエットに有効であることが、わかりましたでしょうか?

食材を買うときに少し考えてみましょう。

料理を作るとき、ちょっと考えてみましょう。

外食するときに選ぶ料理も、ちょっとだけ考えてみましょう。

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

稲垣 美沙

1983年生まれ。
A型。
4月より中1、小4の男の子の母。

早いもので、もう3月になりましたね。
まだまだ寒い日もありますが、日中暖かい日もあり友人と

「もう少し暖かくなったら少し遠くへお出かけしようよ!」

なぁんて話してワクワクしてます♪

コンビニでファッション雑誌を手に取ると、パステルカラーのお洋服がたくさん♡
2017年の春夏はピーチ&コーラルの淡いピンクがトレンドカラーのようですね。私も今年の春夏は淡いピンクのお洋服に挑戦してみたいです。
もう1ヶ月もすると暖かい日が多くなり、だんだんと薄着になる機会が増えると思います。夏にはビキニを着て海やプールにも行きたいですよね。

二の腕やお腹周り、お尻のたるみが気になりませんか?

去年の夏頃、ダイエット検定1級に挑戦し合格することができました。
ダイエット検定で学んだことを食生活で活かしつつ、自宅で筋トレやストレッチをしたり月に1〜2程度トレーナーさんのご指導を受けてトレーニングしています。

理想のボディに近づけるよう日々楽しみながら無理なく、【続ける】ことを大切にしています。
【着れる服】ではなく【着たい服】が着れる2017年になりますように♪