産後ダイエットを成功させる基本の5ポイント

産後ダイエットの効果
LINEで送る
Pocket

女性は出産をすると、大きく体型が変わります。

臨月になると、妊娠前と比べても10キロほど体重が増えることもザラ。
でも、生まれてくる赤ちゃんは3キロくらいです。しかも、出産後は赤ちゃんのお世話が24時間必要になるので、自分のダイエットなんて二の次になりがちです。

だからこそ、産後ダイエットはポイントを押さえてしっかり成功させましょう!

 

産後ダイエットの不安、いつからダイエットしてもいいの?

赤ちゃんを産んだからと言って、太ってもいいというわけではありません。

産後ダイエットはいつからいいの?

ママになってもキレイでいたいのが女性の願いですよね。でも、出産直後から産後ダイエットをするのは危険です。

出産は体力を非常に消耗するので、まずは体を休めることを優先させるべきです。
個人差もありますが、体調が戻るまでに一か月から一か月半はかかるので、そのくらいまではダイエットは控えたほうが良さそうです。

それ以降でも、授乳や夜泣きする赤ちゃんのお世話など、ママの仕事は体力を消耗することがたくさんあります。

お母さんが体調を崩すと、直に影響を受けるのはほかでもない赤ちゃんですから、無理はしないようにしましょう。

 

どのくらいで出産前の体型に戻る?

産後半年くらいまでの期間が、痩せやすいと言われています。

個人差もありますが、授乳をするだけで、するすると体重が減っていく、という女性も少なくありません。
しっかりと運動や食事などを管理すれば、半年から一年ほどで出産前の体型に戻すことが可能です。

出産前の体型に戻るまでどれくらい

ただし、あまりにも痩せすぎた体では、思うように母乳が出なかったり、免疫が弱まって風を引きやすくなったり、体力がなかったりと、体調面にも影響が出ます。

もともと痩せ型だった方は、赤ちゃんのためにもあまり痩せすぎないよう心がけることも必要になります。

 

産後ダイエット、まずは骨盤矯正

出産の際に、女性の体は、赤ちゃんができるだけ子宮からスムーズに出てこれるようにできています。
骨盤が開き、赤ちゃんの通り道を広くするのです。でも、産後に骨盤が開いたままだと、お尻が大きくなってしまったり、下半身に脂肪が付きやすくなってしまいます。

通常なら、3~4カ月ほどで自然に骨盤がもとに戻りますが、この機会に骨盤を正しい位置に矯正することで、太りにくい体を作りましょう。

接骨院などで骨盤矯正を受けるのもいいですが、小さな赤ちゃんを連れて毎週通うのは大変ですよね。
そんなママにおススメなのが、骨盤矯正用のガードルです。

上手に骨盤矯正ができれば、出産前よりもスタイルアップできるかもしれません!

 

おススメの産後ダイエット

出産後に体重は減ったのに、見た目の体型が出産直後とあまり変わっていない…と感じる女性は多いようです。

産後ダイエットの効果

出産時に骨盤が開いてしまい、お腹周りの筋肉がほぐれるので、内臓の位置が下の方へと落ちてきてしまい、それを守るために脂肪がついてしまうのです。また、脂肪は筋肉よりも軽いので、筋肉が減って脂肪が増えると、体重は減ったはずなのに見た目は変わっていないという事が起きてしまうのです。

出産直後は腹筋に力が入らないので、出産一か月後くらいを目安に腹筋運動を始めましょう。

腹筋と言っても、ムキムキになるための筋トレではなく、たるんだ脂肪を引き締めるためのエクササイズです。

 

たるんだ脂肪を引き締めるためのエクササイズ

あおむけに寝て膝を曲げます。
手は頭に軽く添え、勢いはつけずに頭を上げます。
完全に起き上がる必要はなく、おへそを見るような感じで腹筋に力が入ればOKです。

赤ちゃんのお昼寝の間などに、毎日30回×2セット位を目安に行いましょう。

 

産後にやらないで!無理なダイエットは逆効果!

産後すぐに腹筋運動などを始めるのは絶対にやめましょう。

出産直後は未だ、出産時の傷が治っていませんし、子宮の大きさも元に戻っていませんから、その状態でダイエットをするのは逆効果です。

食事制限で体重を落とそうとするのも、危険です。

通常の成人女性の摂取カロリーは1800~2200kcal前後ですが、妊婦さんの場合+350kcal、授乳婦の場合+600kcalものカロリーを摂取しなければいけません。

労働をしている男性よりも多いことになります。
母乳は、人工の赤ちゃん用ミルクよりも優れた栄養たっぷりな赤ちゃんの栄養源です。

赤ちゃんと、ママの健康を考え、食事制限によるダイエットは控えましょう。

 


妊娠、出産を経験すると一気に体重が増えてしまうので、焦ってダイエットをしたくなりますが、くれぐれも無理なダイエットをしないようにしましょう。

骨盤を正常な位置に戻し、お腹周りに脂肪がつかないようにすることで、だんだんと体型は戻るので焦らないでくださいね。

LINEで送る
Pocket