注目のスーパーフルーツ『マキベリー』の知らなきゃ損する6つのポイント

マキベリー
LINEで送る
Pocket

スーパーフルーツという言葉も身近になってきました。
なかでも良く耳にするのは『アサイー』でしょうか?

アサイーボウルやジュースにもなっているので、手軽に食べることができます。
美容に敏感な女性の間では、次なる美容効果の食材が注目されつつあるようです。

その食材が『マキベリー』。

このマキベリー。いったいどんなものなのか?
マキベリー効果はどんなものなのかをご紹介していきます。

 

スーパーフード「マキベリー」ってどんなもの?

マキベリー

マキベリーは南米大陸の西南部、チリでも気象条件が厳しいと言われているエリアに育つ野生種のベリー。
このマキベリー、まだ人工栽培がすすんでいません。

マキベリー栽培は難しく、現在でも野生のものを採取しているようです。
実は直径6mmくらいの小さいサイズ。他のベリー類に比べてより深い紫色が特徴で、チリワインベリーとも呼ばれています。

マキベリーの産地であるチリの先住民マプチェは、このマキベリーを下痢止め、抗炎症薬や解熱剤として用いていたそうです。

 

マキベリーのすごい効果・効能!

1.トップクラスの抗酸化力でアンチエイジング

今までの記事でも、何度か触れてきた老化を促進させてしまう「活性酸素」についてご紹介してきました。
紫外線、ストレスなどから発生し私たちの細胞を傷つけ、シミやシワといったお肌の老化を進めるお肌の大敵でしたね。

関連記事 サビない身体つくりのために、うまく活性酸素とおつき合いする5つのポイント

 

肌トラブルにマキベリー

トップクラスの抗酸化力を誇るマキベリーは、活性酸素の働きを抑えてくれるので、体の中からの紫外線対策に適しています
細胞の老化を防止しお肌を若々しく保ってくれます。

そのマキベリーの抗酸化パワーの源は『ポリフェノール』にあります。
ポリフェノールとは、植物の光合成に伴って生成される苦みや渋み、色素の成分となる化合物の総称です。植物が活性酸素から自分を守るための抗酸化成分です。

美容や健康、ダイエットに良いと耳にする、アントシアニン・レスベラトロール・イソフラボン・カテキンなどの成分こそが『ポリフェノール』です。

マキベリーがトップクラスの抗酸化力を誇る理由は、このポリフェノールの含有量にあります。
冒頭にも書いたアサイーもまた、ポリフェノールを豊富に含んでいることで人気を呼びました。

そのアサイーに対し、マキベリーにはなんと5.4倍、ブルーベリーの14倍ものポリフェノールを含んでいるといわれています。他にもビタミンC・カルシウム・鉄分・なども豊富なので、マキベリーはアンチエイジング効果が非常に高いといわれているのです。

 

2.疲れ目に「マキベリー」

疲れ目にマキベリー

マキベリーに含まれているアントシアニンが豊富に含まれているので、目の健康にとても効果的です。
眼精疲労、視力低下の防止・改善に。

目の疲れのためのマキベリー配合のサプリもあります!!

 

3.冷え性や肩こり、クマの改善にも「マキベリー」

肩こり・冷え性にマキベリー

マキベリーに含まれるアントシアニンには血行を促進する効果があるので、女性に多い冷え性や肩こり、動脈硬化の予防・改善などにも効果的です。

血流が改善されるとキレイな血液が流れ込んでくるため、クマの改善効果も期待できます。
また血色の良い明るいお肌に導いてくれます。

 

まだあるマキベリーの効果。
実際の食べごこちと合わせて、ご紹介は次のページから。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

稲垣 美沙

1983年生まれ。
A型。
4月より中1、小4の男の子の母。

早いもので、もう3月になりましたね。
まだまだ寒い日もありますが、日中暖かい日もあり友人と

「もう少し暖かくなったら少し遠くへお出かけしようよ!」

なぁんて話してワクワクしてます♪

コンビニでファッション雑誌を手に取ると、パステルカラーのお洋服がたくさん♡
2017年の春夏はピーチ&コーラルの淡いピンクがトレンドカラーのようですね。私も今年の春夏は淡いピンクのお洋服に挑戦してみたいです。
もう1ヶ月もすると暖かい日が多くなり、だんだんと薄着になる機会が増えると思います。夏にはビキニを着て海やプールにも行きたいですよね。

二の腕やお腹周り、お尻のたるみが気になりませんか?

去年の夏頃、ダイエット検定1級に挑戦し合格することができました。
ダイエット検定で学んだことを食生活で活かしつつ、自宅で筋トレやストレッチをしたり月に1〜2程度トレーナーさんのご指導を受けてトレーニングしています。

理想のボディに近づけるよう日々楽しみながら無理なく、【続ける】ことを大切にしています。
【着れる服】ではなく【着たい服】が着れる2017年になりますように♪