食べる!塗る!だけじゃない♪ココナッツオイルの活用8つの新発見★

食べる!塗る!だけじゃない♪ココナッツオイルの活用8つの新発見★
LINEで送る
Pocket

美容ケアやダイエット、認知症予防のためにココナッツオイルを購入され、その効果を実感されている方が多いと思います。
でも、本来、ココナッツが栽培されている現地では、美容だけでなく、日々の暮らしの中でいろいろな用途に活用されてきました。

最近ではココナッツオイルバイブルとして日本でもさまざまな書籍でレシピやオイルの活用方法が掲載されています。
今回はココナッツオイルの豆知識として食べる!美容ケアで塗る!以外のココナッツオイルの活用方法をご紹介したいと思います。

 

キッチン編

まな板の漂白
キッチン周りの掃除

まな板除菌にココナッツオイル

+重曹+レモン汁」でペースト洗剤を作ります。
ココナッツオイルは殺菌作用があり、さらにサラッと伸びますのでまな板やシンク台の汚れや油落としにも使いやすいです。

まな板にペーストを塗り、しばらく置いてからお湯で洗い流します。
市販の塩素系漂白剤を使いたくない時などに天然成分漂白として、ぜひお試しください。

キッチン台やテーブルには、スポンジや雑巾などに作ったペーストを少量取り、拭いていきます。汚れが落ちたら今度はお湯で絞った雑巾で2度拭きします。水よりもお湯で絞った雑巾を使うことでココナッツオイルがシンク台で固まることを防ぎ、残らず拭き取れます。

 

洗面所編

(うがい薬)

オイルプディング

朝起きたばかりの空腹時のうがいが絶対におススメです!
睡眠中に空気中の細菌などが口腔内に入り込み、朝、起床時のあなたの口の中は驚くほど細菌だらけです。
そのまま朝食を摂ってしまうと、細菌を体の中に取り入れてしまうことになります。
健康な体をつくるには、まずは朝一番のうがいから!

水だけでうがいをするよりもココナッツオイルの方が殺菌作用があり歯周病対策にも効果的です。
軽く歯磨き後にうがいを行うのもよりいいですね。オイルを少量口に含んで15分~20分間、ブクブクうがいをすることで口腔内の細菌をオイルに取り込めます。

15分のうがいは、唾液分泌を促し、より口腔内の免疫力も高めます。
しかも、うがいで口をずっとブクブクしていますのでうがいだけで顔の筋肉を鍛えることになり、顔のたるみやほうれい線予防になり、小顔効果につながりますよ!

歯磨きの歯磨き粉として

歯磨き粉としてココナッツオイルを使う

ココナッツオイルを歯ブラシに少量つけながら磨くだけでもOK。オイルだけでもかなり歯がツルツルします。
オイルが歯に付着した汚れや歯垢を落とし、歯のホワイトニング効果が期待できますよ。

油で汚れが?!と思われますがココナッツオイルで歯磨きやオイルプリングを続けて2,3ヶ月経った経験者の方達の間では「歯が白くなった」とか「歯周病や歯肉炎対策になった」との声が上がっています。

ココナッツオイルの主成分 ラウリン酸は母乳に含まれている成分ですが、免疫力がない赤ちゃんをウイルスから守ってくれる働きがあります。
ラウリン酸の殺菌・抗菌効果あるココナッツオイルは、虫歯や歯周病、歯肉炎などを引き起こしている細菌細胞を破壊し、治癒するパワーがあるのです。

市販の歯磨き粉に比べて、やっぱりココナッツオイルだけでは、物足りない…と思ったなら「ココナッツオイル+塩+重曹(食用)+ペパーミント等お好みのアロマオイル少量」で歯磨き用ペーストを作ってもいいでしょう。

喉スプレー

のどの乾燥にココナッツオイル

ココナッツオイルの主成分 ラウリン酸は、呼吸器系のウイルス除去にも役立ちます。
喉が痛い、喉がいつもと様子がちがって乾燥を感じる、咳が出ている時などにスプレーします。
ココナッツオイルを液状にして、スプレー容器に入れ、喉にスプレーするだけです。

このココナッツオイルスプレーは、喉にスプレーするだけでなく、料理に使うときにも、便利です!
通常のサラダ油よりもかなり高価なココナッツオイルをスプレー使いすることで無駄に使いすぎるのを防げますよね。

 

バスタイム編

バスソルト「ココナッツオイル+お好みのバスソルト」

バスソルトにココナッツオイル

妊娠線のマッサージにもいいですね。ご利用のバスソルトにココナッツオイルを少し加えるだけでバスソルトが肌になじみやすく、マッサージ後に流した後にも肌がしっとりとします。
 
手作り入浴剤…ココナッツバスボム
「ココナッツオイル+重曹+アロマオイル」

重曹でつくるバスボムにココナッツオイルを加えます。

<材料>
重曹・・・大2.5
クエン酸・・・大3
片栗粉・・・大2
ココナッツオイル小2
お好みのアロマオイル・・・2.3滴

材料をすべて混ぜ合わせてお好みの型に入れて固めるだけ。この材料の量で2,3個分のバスボムが出来上がります。
型はシリコン型をご利用されると型から出しやすいです。

ココナッツオイル入りだから、お湯に浸かるだけでお肌がツルツル・しっとりします。
発汗作用も欲しいなら材料に岩塩を加えてもGoodですね。

 

その他にも・・・番外編

洋服のシミ落とし

洋服のしみにココナッツオイル

キッチン編で作ったペースト洗剤が利用できます。食べ物のシミになっているところにペーストを叩き込むように歯ブラシなどで塗りつけて、すぐに洗濯機で洗濯します。

擦り傷や肌荒れの治療薬代わりに

ココナッツオイルは抗炎症作用があるので、肌荒れや擦り傷の治療にココヤシ栽培の現地では昔からりようされていました。
副作用などはあまりないようですが、様子をみながら少しずつ、オイルをつけてください。

ひどい炎症の時にはオイルを使用せずに、病院での受診をおススメします。

虫さされ

虫刺され薬、日本でも多数市販薬が販売されています。ヒンヤリ、スヤスヤする成分はメンソールで、さらに抗ヒスタミン剤やステロイド剤などが含まれ、痒みに即効性があります。
でも中には小さなお子様が使用するには避けたほうが好ましい薬剤もあります。とくに顔を刺されたりすると使用するのは控えなければならないものも多いのが実状です。

虫さされにココナッツオイル

ココナッツオイルは肌はもちろん、顔につけるのも大丈夫です。
少量を刺されたところに塗るとココナッツオイルの消炎作用により、虫さされによる肌の腫れ等がおさまります。

痒みはすぐにはおさまりませんが、市販製品で使用が不安な時には、ココナッツオイルはおススメです。
市販の虫刺され用製品はステロイド剤が含まれていることが多いので塗布したら紫外線に気をつけなければなりません。でもココナッツオイルは紫外線に当たっても、日焼けによる皮膚の炎症を和らげる効果がありますので、この心配がありません。
虫さされの夏の季節、一度、ココナッツオイルで虫さされ治療をしてみませんか。

LINEで送る
Pocket

食べる!塗る!だけじゃない♪ココナッツオイルの活用8つの新発見★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

りこ

40代になり、肌の衰えを急速に実感。何とかしなくては!と思っていたところ、ココナッツオイルを扱う会社で働くことに。はじめて出会ったココナッツオイルは正直戸惑いもありましたが、手軽なオイルケアに、ハマリました。使っているうちに肌の潤い効果を実感しています。