キレイな人は使ってる、ココナッツオイルの効果がすごい!〜ボディケア編〜

紫外線の種類
LINEで送る
Pocket

ほんのちょっとの日焼けなら大丈夫。。。
10分程度の紫外線なら、たいしたことない!、、そんな風に簡単に考えていませんか?

紫外線ケアが、将来の自分をキレイにする秘訣なのです。
毎日少しの習慣化の為にも、『光』に関する知識を身につけておいて下さいね♪

 

日焼け止め効果もある不思議なオイル!

ココナッツオイルのSPF(Sun Protection Factor)は4〜10と言われています。
SPFの最高値は50ですからココナッツオイルのSPFが強力とは言えませんが、1〜2時間程度なら海やプールを楽しむには適しているのではないでしょうか?

アレルギーで日焼け止めが使えない・お肌が弱くてかぶれるから日焼け止めが使えない、、、。
そんな方にもお勧めしたいココナッツオイルです。
お顔もボディも頭皮だって日焼けします。SPFは弱いですが、こまめに塗り返せば効果は得られます♪

ココナッツオイルの成分

ただ、本気で美白・焼きたくない人はSPF値の高い日焼け止めをオススメします。

 

美容のプラスα

私は、エステセラピストになって多くの女性のお顔に触れさせて頂いたり、美容に関する相談を聞かせて頂いたりしています。
その中でお肌のお悩みと言えば、シワ・タルミ・・毛穴などたくさんありまよね。
お悩みは尽きません。

シワ・タルミ・シミの対策に紫外線ケア

シワ・タルミ・シミの原因は年を重ねることによるものだと思っている方がいると思います。もちろんそれも原因のひとつになりますが、紫外線UVAの影響が8割、加齢によるものは2割といわれています。

これを【光老化】といいます。

光老化とは、日光に含まれる紫外線、特にUVA(紫外線A波)が原因で起こる老化です。
普段あまり紫外線を浴びない二の腕の内側のハリなどは、20代と50代の方と比べてもそんなに変わらないと思います。一方、お顔や手の甲、腕などは季節を通して紫外線を浴びますよね。洗濯物を干すとき、通勤などの車の運転、お子さんがいる方は送り迎えなど、たった15分!の繰り返しが蓄積され光老化は確実に進行します。

日常生活の中でしっかり紫外線対策をしている方と、できていない方では数年後の光老化の差が大きく違うと思います。
エステサロンに通って頂いている美意識の高いお客様の中にも通年しっかりと紫外線対策をされている方が多い!とは言い切れません。

光老化によるシミ・シワ・タルミなどが進んでしまってからでは、改善するのにたくさんの時間とお金がかかってしまうと思います。特にお顔は、体と違い洋服で隠すこともできませんし、お洋服のように着替えることは出来ません。

だからこそ、日々しっかりと紫外線対策をして数年後、光老化の少ないキレイなご自分でいられるように今日から、ぜひ紫外線予防をしながらレジャーや趣味を楽しみましょう♪

➡『光老化』をもっと詳しく!
  「光老化」を知ってエイジングケアをする6つのポイント

 

エステサロンに来てくださるお客様のお声から、この記事を読んでくださっている皆様にもお届けしたいこと

四季を通して、紫外線の強弱はありますが、お日様が出ている間は必ず紫外線を浴びています。
特にUVA(紫外線A波)は窓ガラスなども通してしまい、お部屋の中にも入り込んできます。そこで日々、時と場合に合ったSPF・PAの数値を選んで紫外線対策をして欲しいと思っています。

 

SPFってそもそも何なの?

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。

SPFは、シミやそばかす・皮膚がんの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする力を示しています。20分程度の間に何もつけていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことができるかという目安です。
つまりSPF20の場合、20分×20分=400分=6時間40分。
6時間40分までは日焼けが抑制されるというわけです。

 

勘違いに注意!

季節毎の紫外線予防

勘違いしやすいのは、日差しの強さに対抗できる値ではないということです。
『海や山の日差しの照りつける場所に行くからSPF値の高い日焼け止めを使おう!』というのは間違い。

あくまで目安は【太陽の光を浴びる時間】です。

とはいえ、海や山へ行く=長時間になるかと思うので、やはりSPF値が高いものを選んだほうがベターかもしれませんね。

 

知ってなるほど、PA+って?!

光老化ってなに?

SPFは気にしてるけど、意外とスルーされているような気がするのはPAの値です。
実はアンチエイジングに興味のある方は、是非こちらの値をチェックしてください

PAは、プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略です。

皮膚を黒くするだけでなく、シワ・タルミの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を表すものです。強い方から++++、+++、++、+の4段階に別れています。日常的な買い物程度ならPA++を。

☆2013年より、これまでPA+++(スリープラス)が最高値だったPA値ですが、PA++++(フォープラス)に増えたのをご存知ですか?研究により紫外線A波の有害性が明らかになり、紫外線A波をよりしっかり防ぎたいというニーズが高まってきた証ですね。

しかし、値が高ければ高いほどお肌への負担がかかることも知られていると思います。
日焼けを気にしすぎてお肌への負担を重くしてしまっては本末転倒です。。用途に合わせて色々なタイプの日焼け止めを使い分けるのが美肌達人への近道♪
上手に使い分けながら日傘や帽子を活用する工夫も大切です。

 

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

稲垣 美沙

1983年生まれ。
A型。
4月より中1、小4の男の子の母。

早いもので、もう3月になりましたね。
まだまだ寒い日もありますが、日中暖かい日もあり友人と

「もう少し暖かくなったら少し遠くへお出かけしようよ!」

なぁんて話してワクワクしてます♪

コンビニでファッション雑誌を手に取ると、パステルカラーのお洋服がたくさん♡
2017年の春夏はピーチ&コーラルの淡いピンクがトレンドカラーのようですね。私も今年の春夏は淡いピンクのお洋服に挑戦してみたいです。
もう1ヶ月もすると暖かい日が多くなり、だんだんと薄着になる機会が増えると思います。夏にはビキニを着て海やプールにも行きたいですよね。

二の腕やお腹周り、お尻のたるみが気になりませんか?

去年の夏頃、ダイエット検定1級に挑戦し合格することができました。
ダイエット検定で学んだことを食生活で活かしつつ、自宅で筋トレやストレッチをしたり月に1〜2程度トレーナーさんのご指導を受けてトレーニングしています。

理想のボディに近づけるよう日々楽しみながら無理なく、【続ける】ことを大切にしています。
【着れる服】ではなく【着たい服】が着れる2017年になりますように♪